[スポンサーリンク]

F

フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis

 

概要

β-ケトエステルおよびα-ハロカルボニル化合物から脱水縮合により置換フランを合成する方法。

 

基本文献

 

反応機構

feist_benary_2.gif

反応例

触媒的不斉Feist-B駭ary反応[1] feist_benary_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Calter, M. A.; Phillips, R. M.; Flaschenriem, C. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 14566. DOI: 10.1021/ja055752d

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  2. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  3. ベティ反応 Betti Reaction
  4. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  5. ネバー転位 Neber Rearrangement
  6. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  7. バージェス試薬 Burgess Reagent
  8. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. “関節技”でグリコシル化を極める!
  2. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  3. 野依 良治 Ryoji Noyori
  4. 住友化学歴史資料館
  5. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  6. Nsアミン誘導体
  7. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  8. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  9. もし新元素に命名することになったら
  10. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP