[スポンサーリンク]


2005年 9月 07日

  1. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発

    細胞内のたんぱく質やDNAなどの分子の動きや構造を、生きたままの自然な姿でカラー画像化できる顕微鏡ができた。分子に影響を与える可能性がある化学物質による「染色」がいらず、医薬品と細胞との反応を、より正確に把握できるという。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  2. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  3. カール・フィッシャー滴定~滴定による含水率測定~
  4. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応
  5. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  6. Sulfane sulfur が生み出す超硫黄分子
  7. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー

注目情報

最新記事

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP