[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

チャンパック・チャッタージー (Champak Chatterjee、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者・生化学者である。ワシントン大学助教授。(写真:University of Washington)

経歴

199x ボンベイ大学 卒業 (首席)
199x インド工科大学ボンベイ校 修士号取得(Sambasivarao Kotha教授)
199x イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 博士号取得(Wilfred A van der Donk教授)
199x ロックフェラー大学 博士研究員(Tom W. Muir教授)
200x ワシントン大学 助教授

受賞歴

2012 Royalty Research Fund Award (Histone sumoylation).
2013 M.J. Murdock Charitable Trust’s Partners in Science Program Grant.
2014 Alumni Achiever Award, V.G. Vaze College, Mumbai, India.
2014 NIH/NIGMS 1R01GM110430-01.
2016 Royalty Research Fund Award (Pupylation).

研究概要

ラボで掲げているテーマは以下の通りである。

  1. 酵素機能を標識する低分子化合物の創製
  2. タンパク質の化学修飾法の開発
  3. タンパク質の化学全合成
  4. タンパク質ベースの標識化合物およびプロテアーゼ機能の創出

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 名古屋メダル―受賞者一覧
  2. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  3. バリー・トロスト Barry M. Trost
  4. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  5. 安積徹 Tohru Azumi
  6. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  7. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  8. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. どろどろ血液でもへっちゃら
  2. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  3. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  4. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  5. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  6. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  7. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  8. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  9. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  10. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP