[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

[スポンサーリンク]

チャンパック・チャッタージー (Champak Chatterjee、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者・生化学者である。ワシントン大学助教授。(写真:University of Washington)

経歴

199x ボンベイ大学 卒業 (首席)
199x インド工科大学ボンベイ校 修士号取得(Sambasivarao Kotha教授)
199x イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 博士号取得(Wilfred A van der Donk教授)
199x ロックフェラー大学 博士研究員(Tom W. Muir教授)
200x ワシントン大学 助教授

受賞歴

2012 Royalty Research Fund Award (Histone sumoylation).
2013 M.J. Murdock Charitable Trust’s Partners in Science Program Grant.
2014 Alumni Achiever Award, V.G. Vaze College, Mumbai, India.
2014 NIH/NIGMS 1R01GM110430-01.
2016 Royalty Research Fund Award (Pupylation).

研究概要

ラボで掲げているテーマは以下の通りである。

  1. 酵素機能を標識する低分子化合物の創製
  2. タンパク質の化学修飾法の開発
  3. タンパク質の化学全合成
  4. タンパク質ベースの標識化合物およびプロテアーゼ機能の創出

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  2. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  3. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi
  4. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  5. 原田 明 Akira Harada
  6. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  8. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  2. MNBA脱水縮合剤
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  4. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  5. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  6. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  7. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  8. 第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授
  9. 徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~
  10. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP