[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee

[スポンサーリンク]

チャンパック・チャッタージー (Champak Chatterjee、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者・生化学者である。ワシントン大学助教授。(写真:University of Washington)

経歴

199x ボンベイ大学 卒業 (首席)
199x インド工科大学ボンベイ校 修士号取得(Sambasivarao Kotha教授)
199x イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 博士号取得(Wilfred A van der Donk教授)
199x ロックフェラー大学 博士研究員(Tom W. Muir教授)
200x ワシントン大学 助教授

受賞歴

2012 Royalty Research Fund Award (Histone sumoylation).
2013 M.J. Murdock Charitable Trust’s Partners in Science Program Grant.
2014 Alumni Achiever Award, V.G. Vaze College, Mumbai, India.
2014 NIH/NIGMS 1R01GM110430-01.
2016 Royalty Research Fund Award (Pupylation).

研究概要

ラボで掲げているテーマは以下の通りである。

  1. 酵素機能を標識する低分子化合物の創製
  2. タンパク質の化学修飾法の開発
  3. タンパク質の化学全合成
  4. タンパク質ベースの標識化合物およびプロテアーゼ機能の創出

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  2. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  3. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  4. トム・マイモニ Thomas J. Maimone
  5. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  6. 真島利行系譜
  7. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  8. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  2. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  3. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  4. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  5. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―
  6. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】
  7. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  8. 黒田チカ Chika Kuroda
  9. 生きたカタツムリで発電
  10. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP