[スポンサーリンク]

ケムステしごと

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

[スポンサーリンク]

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を導入された企業の経営者に話をうかがったところ、興味深い話を聞いた。

「結局のところ、オンラインでも対面でも、採用される人は同じだと改めて感じましたね。先日、オンライン面接した候補者を不採用にしましたが、対面でも結果は同じですね。」

という。続けて

「私が選考のときに見ているのは、その方がどの程度の『深度』で物事を捉えているかという点です。情報として知っているかどうかだけでなく、それについて考えを深めることが出来る人と仕事がしたいと思います。普段からそうしている人の話というのは、『解像度』が高いです。具体的で明確。社内で仕事が出来る人は例外なくそうですから。」

と。確かに、面接で評価される人も、各企業で活躍される人も、「話が簡潔で明確な人」と言われることが多く、「話が長く曖昧な人」ということはまずない。今回は、具体的な事例をもとに、オンラインでも対面でも、面接ではっきりと伝わる意見が言えるために何をすべきか考えていきたい。

  1. 情報収集はアウトプットを意識する

まず面接準備のための情報収集のポイントとして、アウトプットする前提で、内容を正確に押さえておくことが重要である。例えば、製薬企業の面接に臨むときに最近の業界動向のニュースをサーチした場合、新聞や雑誌などの情報ソースや、日時、企業名、前年比〇倍増などの数値など、基本的なことは最低限押さえておきたい。実際にあった例で、面接担当者に「最近気になったニュースは?」と聞かれて、「どこの大学かまでは忘れましたが、どこかの大手製薬企業と組んでAI創薬で共同研究をはじめたというニュースが面白いと思いました」という曖昧な回答をしたところ、当然ながらネガティブな評価となってしまった。次から次へと情報が溢れてくる中、漫然とニュースを見ているだけでは、大事なときにすぐにアウトプットできない。普段から出来ることとして、気になる記事だけでもポイントを控えておくことをお勧めしたい。

 

  1. 自分なりに情報を分析する時間をとる

正しく情報を把握したところで、準備はまだこれからである。得た情報をもとに、自分なりに分析できているかどうかで差が出る。例えば、「ゲノム編集の国内での創薬応用には課題」という情報をニュースで得たとする。記事によると、「安全性の課題がある」との記載があった。ここから、「安全性の問題とは具体的に何だろう?」とか「海外では進んでいるが、国内で進んでいない理由は?」などと展開できる。また、「特許関係でも課題がある」との記載もあり、ここから「企業が利用する際はどのくらいの特許料がかかるのだろうか」、「この技術以外にも国内で同様に技術開発はされているのではないか」という方向にも深められる。ポイントは、自分なりに情報を深掘りしていくことである。そうしておけば、面接で最近気になっている業界動向を聞かれた場合でも、「ゲノム編集の国内での創薬応用には課題が多いというニュースが気になりました。特に課題の一つである特許について指摘されています。莫大なコストがかかるとなると、創薬のための企業利用はやはり難航するでしょう。調べたところ、同様の技術開発がA大学やB研究所などの国内でもされているので、平行して進めながら、きちんと創薬に利用できるような仕組みも考えていくべきであると思いました」というように自分なりの分析を交えた回答ができる。そのひと手間をするかどうかで、アウトプットの明瞭さは大きく変わる。

 

  1. 一般論ではなく、自分の意見をまとめる

その中でも、反対意見は貴重だ。「どこが反対なのか」「あなたはどう思うのか」など、色々な考えを聞いて考え、更に自分の意見をブラッシュアップしておきたい。

 

最後に、深い洞察力を生かし、お仕事でも活躍されている方の情報収集の方法について紹介したい。50代のAさんはライフサイエンス分野の経営企画の方で、これまで業界を跨いで転職をされている。多くは知人やヘッドハンターから声がかかり、積極的な転職活動はしたことがない。なぜそんなことができるのか秘策を聞いてみると、「そんな秘策はない」と言われてしまった。「皆さんが思っているより、地味なことを毎日やっています。朝は国内の新聞3紙、海外1紙に目を通し、気になる記事はスマホのメモにタイトルと概要を控える。もとは文系ですが、今はライフサイエンス分野の最新技術を理解する必要があるので、仕事に関係しそうなキーワードは全てメモしておき、社内で技術部門の社員に後から聞きます。親切で正確に教えてくれそうな人と日頃から仲良くしていますね。こうして人に相談して、自分が技術に関心があると思ってもらうことで、今度会ったときに関連する情報をくれたりもします。」という。実際にスマホのメモ機能を見せて頂くと、日付とトピックと考察がびっしりと書かれていた。更に、こうして収集した情報をもとに、関連する会議や商談があるようなときは、更に深掘りをするそうだ。「先日はある出資先のベンチャー企業にて、技術顧問の先生とミーティングがありましてね。これからパートナーとして信頼関係を築くための、大事な場です。事前にその技術に関してその方が執筆した論文、及び、関連文献を原文で幾つか目を通して、要点を控えて臨みました。もちろん、サイエンスについては分からない部分が多いので、同僚に聞いたりしましたが、経営企画の私がそこまで調べて考えを話したことに対して、非常に驚かれたようです。これまで論文まできちんと目を通してこられた方はいなかったようで。相手から重要な情報を引き出したいと思うときは、まず重要な話をする相手だと思ってもらうことが大事だと思いますね。」とアドバイスを頂いた。これだけ日々の積み重ねや経験があれば、そこまで徹底的に準備しなくても対応できそうであるが、「そこまでやるか」と思うところまでやってしまうところに、皆が心を動かされているように思う。

 

以上、「自分の意見を言える人」がしていることについて参考にしていただければと思う。

 

まとめ:「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

  1. 情報収集はアウトプットを意識する
  2. 自分なりに情報を分析する時間をとる
  3. 一般論ではなく、自分の意見をまとめる

その他就活・転職・面接・仕事まとめ記事はこちら

[文]太田裕子 [編集]Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

*本記事はSpring転職エージェントによる寄稿記事です

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)は、中途採用のための転職エージェント。
20代、30代、40代の決定実績が豊富です。
化学系技術職においては、研究・開発、評価、分析、プロセスエンジニア、プロダクトマネジメント、製造・生産技術、生産管理、品質管理、工場管理職、設備保全・メンテナンス、セールスエンジニア、技術営業、特許技術者などの求人があります。
転職コンサルタントは、企業側と求職者側の両方を担当する360度式。
「技術のことをよくわかってもらえない」「提案が少ない」「企業側の様子がわからない」といった不安の解消に努めています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高…
  2. ヘリウムガスのはなし
  3. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡ま…
  4. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エー…
  5. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  6. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!
  7. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功
  8. 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 真空ポンプ
  2. 質量分析で使うRMS errorって?
  3. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  4. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  5. ノーベル化学賞への道公開
  6. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  7. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  8. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  9. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  10. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP