[スポンサーリンク]


2006年 9月

  1. 保護により不斉を創る

      図のような1,2-ジオールは光学活性体でしょうか?不斉炭素(分子中の炭素原子に異なる四つの原子および原子集団が結合しているもの)を有するから光学活性体です。・・・というのは不正解です。これはメソ化合物といい、不斉炭素を有しながら分…

  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

    世界最大級の特許および学術文献情報データベースを提供しているトムソンISI社から2005年のノーベル…

  3. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

    直径わずか100万分の5ミリという小さなカプセルを作り、その中に液体を閉じこめる手法を藤田誠・東京大…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 乙種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  2. 技術セミナー参加体験談(Web開催)
  3. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  4. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発
  5. ネオ元素周期表
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  7. 目指せ!フェロモンでリア充生活

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP