[スポンサーリンク]

一般的な話題

技術セミナー参加体験談(Web開催)

[スポンサーリンク]

自分の知らない分野について手軽に概要をおさえることができるのが技術セミナーです。過去に何度か技術セミナーに参加したことはありましたが、初めてWeb開催の会に参加しましたので技術セミナーについて自分の体験談を踏まえて紹介します。

技術セミナーとは

会社員になると講義を受ける機会はめったになく、新しい知識を得るには文献調査などによる自己学習がほとんどだと思います。しかしながら、図書や論文へのアクセスが限られた中、全く異なる分野を一から独学で勉強することは非常に手間と時間のかかることで、さらに周りにその分野を知っている人がいないと自分の進んでいる道が正しいのかさえも分かりません。そんな中、自分の知らない内容を手軽に勉強できるのが技術セミナーであり、セミナーを専門に取り扱う会社がいくつかあります。

まず取り扱う分野ですが、産業のありとあらゆる分野が網羅されており、化学の開発でいえば、機能性素材や化粧品、半導体関連の化学品についてのセミナーをよく見かけます。また開発だけでなく製造技術の内容もあり、例えば、撹拌、異物検出、洗浄、分析技術などのトピックに関するセミナーが開催されています。さらには特許データサイエンス技術英語といった分野に関係なく共通した内容のセミナーも多くあります。流行りのトピックは需要が高いため、セミナーが頻繁に開催されていますが、ニッチな内容でもセミナーが開催されています。次に講演内容ですが、学会などの研究発表などとは大きく異なり、題目についての基礎から応用までを網羅的に説明するセミナーがほとんどで、大学の夏休みに行われる集中講義のようなスタイルです。講演者ですが、技術トピックのセミナーでは講演するトピックについて長年研究をされていた企業の研究者の方や大学の先生方で、特許関連のセミナーの場合には弁理士の先生であることがほとんどです。公演時間はたいてい一日か半日ですが、特許のセミナーでは、複数日の場合もあります。最後に参加費ですが一人2万から5万円ぐらいが相場で学会の参加費よりも高額です。ただ、一人が支払う金額が高額な分だけ、たくさんの人数が集まらないニッチな分野のセミナーも開催できるのだと思います。また複数人で参加する場合には割引される場合がほとんどです。

島津製作所が開催している分析秘術基礎講座のサンプル動画

参加する意義

このようなセミナーは自分が全く知らないトピックについて全体を把握できる内容になっていて、すでにそのトピックについて精通していて第一線の研究内容について議論するセミナーではありません。むしろ、すぐに現場で役立つような知識や、専門家にとっては常識だが教科書には書いていない内容を知ることができます。また参加費がそれなりの金額なので、講演を行う先生方はたくさんの詳しい資料を準備していて、質問に対しても丁寧に回答し、後日メールでの質問にも受け付けるなどのきめ細かな対応をとってくれる場合が多いようです。

そのため、何か新しい課題に取り組むようになり、周りに詳しい人がいない場合には、これらのセミナーに参加するとその分野の全体を知ることができると思います。また特許については、調べ方ひとつとっても独特でテクニックが必要な分野になりますのでセミナーに参加して弁理士の先生方からコツを聞くことは有用だと思います。データサイエンスに関しては、実習付きのセミナーが多く、勉強したいけど手頃な分析したいデータがない場合には自己学習よりも効率よく学習できると思います。

特許に関連するセミナー動画

Webで参加した感想

筆者は過去に何度か技術セミナーに参加してきましたが、Webでの参加は初めてでした。そこで参加した感触を講義室での参加と比べてメリット、デメリットをまとめました。

メリット

  • 移動の必要がない:セミナーの会場は東京か大阪である場合がほとんどで、セミナー参加のために移動する必要がないのがWeb開催の最大のメリットだと思います。
  • 周りの目を気にせず自由に参加できる:講義室で参加する限り、他の参加者の迷惑となる行動はできません。しかしWeb参加であれば、他の参加者を気にせず飲食したりや立ち上がったり、他の人との会話するなどもできます。
  • 他の仕事も可能:講義室で参加した時は、それなりのお金を支払っているのでしっかりと聞かないとは思いつつも、メールが気になってスマホをこそこそ開いていましたが、Web参加であれば、パソコンを開いて受講するので、いくらでも他の仕事ができてしまいます。Web参加前は、パソコンを使う必要があって講義に集中できないと懸念していましたが、むしろ講義に集中するときと、他の仕事を行いながら話を聞くときとメリハリをつけて参加することができ、講義室よりも集中できたと思います。
  • 質問が容易:講義室で質問する際には途中で挙手するか、休憩中に講演者のところに伺いに行く必要がありますが、他の参加者の前では質問しにくかったり、個別で質問する時間では行列ができていたりします。一方、Web開催ではチャットボックスに質問を入力して回答してもらうスタイルが多く、気兼ねなくしかも質問が思い浮かんだときに投げかけることができ、質問がしやすいと思います。

デメリット

  • 集中する環境が必要:講義会場に行けば、少なくとも講義を受ける環境になりますが、Web開催では自分でその環境を作る必要があります。仕事場で受けるなら、緊急の要件以外のコミュニケーションをシャットアウトする必要があります。また、快適なインターネット回線や長時間の講義でも疲れないヘッドホンなどのも必要になります。
  • 名刺交換ができない:講義室では、セミナー終了後に演者に名刺交換をして共同研究や商談の話をすることがありますが、Web開催ではこのような雑談は基本的にできないです。

メリットとデメリットに挙げたように結局は快適に受講できるかは、Webか講義室かどちらの環境が自分に合っているかに左右されるのではないかと思います。講義室とWebの両方のオプションを提供しているセミナーもあり、感染対策が万全に施された講義室で受講することも可能です。

セミナーから学べることはたくさんありますが、書籍と違って参加した人しか学ぶことはできません。それなりに高額な費用もかかるため、参加するセミナーをよく吟味し参加が決まったら質問を準備しておく必要があると思います。学会発表ではないので特定の研究について質問することはできませんが、先端分野に関する見解や将来のトレンドなど全体に関わる質問を初めてお会いする演者の方にできる機会と考えると魅力的な会ではないでしょうか。

関連書籍

関連リンク

セミナーを予約できるサイトの一例

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  2. 元素のふしぎ展に行ってきました
  3. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  4. 地球外生命体を化学する
  5. 今年はキログラムに注目だ!
  6. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  7. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリ…
  8. 抗結核薬R207910の不斉合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(2)
  2. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  4. 金属を使わない触媒的水素化
  5. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  6. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~半導体の歴史編~
  8. アルケニルアミドに2つアリールを入れる
  9. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  10. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP