[スポンサーリンク]

B

バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation

 

概要

Arndt-Eistert合成とは逆に、エステル(カルボン酸)の炭素数をひとつ減少する為の手法。

基本文献

  • Wieland, H. Ber. 1912, 45, 484.
  • Barbier, P.; Locquin, R. Compt. Rend.1913156, 1443.
  • Reigel B. et al. Org. Synth. Coll. Vol.19552, 234, 237.
  • Djerassi, C. Chem. Rev.1946, 38, 526.
  • Wilcox, S. C.; Guadino, J. J. J. Am. Chem. Soc.1986108, 3102. DOI: 10.1021/ja00271a049

 

反応機構

acid-a6.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連反応

関連書籍

外部リンク

  • Barbier-Wieland Degradation

 

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  2. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…
  3. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosu…
  4. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  5. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  6. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  7. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylalumin…
  8. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 真島利行系譜
  2. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  4. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  5. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴
  6. リード反応 Reed Reaction
  7. タングトリンの触媒的不斉全合成
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  9. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  10. 細野 秀雄 Hideo Hosono

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP