[スポンサーリンク]

B

バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation

[スポンサーリンク]

 

概要

Arndt-Eistert合成とは逆に、エステル(カルボン酸)の炭素数をひとつ減少する為の手法。

基本文献

  • Wieland, H. Ber. 1912, 45, 484.
  • Barbier, P.; Locquin, R. Compt. Rend.1913156, 1443.
  • Reigel B. et al. Org. Synth. Coll. Vol.19552, 234, 237.
  • Djerassi, C. Chem. Rev.1946, 38, 526.
  • Wilcox, S. C.; Guadino, J. J. J. Am. Chem. Soc.1986108, 3102. DOI: 10.1021/ja00271a049

 

反応機構

acid-a6.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連反応

関連書籍

外部リンク

  • Barbier-Wieland Degradation

 

 

関連記事

  1. ワイス反応 Weiss Reaction
  2. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  3. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  4. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  5. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation
  6. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  7. TosMIC
  8. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィンランド理科教科書 化学編
  2. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  3. 金属スカベンジャーを試してみた
  4. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  5. 初めての減圧蒸留
  6. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  7. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  8. ACS Macro Letters創刊!
  9. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  10. 2008年10大化学ニュース2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP