[スポンサーリンク]

B

バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation

[スポンサーリンク]

 

概要

Arndt-Eistert合成とは逆に、エステル(カルボン酸)の炭素数をひとつ減少する為の手法。

基本文献

  • Wieland, H. Ber. 1912, 45, 484.
  • Barbier, P.; Locquin, R. Compt. Rend.1913156, 1443.
  • Reigel B. et al. Org. Synth. Coll. Vol.19552, 234, 237.
  • Djerassi, C. Chem. Rev.1946, 38, 526.
  • Wilcox, S. C.; Guadino, J. J. J. Am. Chem. Soc.1986108, 3102. DOI: 10.1021/ja00271a049

 

反応機構

acid-a6.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連反応

関連書籍

外部リンク

  • Barbier-Wieland Degradation

 

 

関連記事

  1. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  2. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  3. ベンザイン Benzyne
  4. ブラン環化 Blanc Cyclization
  5. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  6. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  7. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  8. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. ポンコツ博士の海外奮闘録⑩ 〜博士,中和する〜
  4. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  5. AIBNに代わるアゾ開始剤!優れた特長や金属管理グレート品、研究に役立つ計算ツールもご紹介
  6. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling
  7. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加
  8. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  9. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】
  10. ポンコツ博士の海外奮闘録⑫ 〜博士,今と昔を考える〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP