2008年 5月 27日

  1. 有機EL素子の開発と照明への応用

    (写真:日本科学未来館)先日、城戸淳二教授 (山形大)の講演を聴く機会がありました。城戸教授は、世界で初めて白色有機EL材料の開発に成功しました。 その後数々の業績を重ねられ、有機ELの研究分野では押しも押されぬ世界的大家の…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  2. 日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~
  3. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  4. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  5. ケミストリー通り
  6. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  7. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

PAGE TOP