[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業2021年採用情報

[スポンサーリンク]

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生産技術を保有しており、チーム制で案件に対応しています。我々と一緒に働いてくれる次のような人材を求めています。

~鶏口となるも、牛後となるなかれ~

1.できない理由を考えるのではなく、できる方法を考える人。
2.自ら考え、課題を発見し、解決に向けた行動を起こしていける人。
3.相手の話を良く聞き、自分の考えをしっかり伝えられる人。
4.論理的に物事を考えられる人。

ライトケミカルは、前向きに行動を起こす人には、年齢に関わらず責任ある仕事を任せます。
そのことにやりがいを感じるチャレンジ精神を持った人を必要としています。

募集職種 新卒(総合職)
業務内容 生産技術、検査・分析、製造、購買、総務・経理他
応募資格 2021年3月に化学系の大学・大学院を卒業(修了)見込みの方。
 勤務地 滋賀県野洲市
勤務時間 8:30~17:30(配属先業務に応じ、シフト有)
給与等 初任給  学部卒     220,000円
修士了       230,000円
福利厚生 各種社会保険 退職金制度  財形積立  社員食堂  同好会
守山野洲勤労福祉センター加入
昇給・賞与・諸手当・休日休暇 昇給:年1回(4月)        賞与:年2回(6月・12月)

資格手当、家族手当、住宅手当、通勤手当(全額)他

・年間休日 121日
・年次有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇

採用スケジュール 随時募集中
連絡先 人事総務 採用担当:飯田
e-mail:k-iida@lightchemical.co.jp
TEL:077-588-0589
FAX:077-587-1602
応募方法 ホームページ(採用情報新卒採用)よりエントリーして下さい。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 87億89百万円(2019年3月期実績)
 従業員数 175名(2019年7月現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

ライトケミカル工業技術情報

紹介記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  2. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻する…
  3. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  4. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  5. LEGO ゲーム アプローチ
  6. 農薬DDTが大好きな蜂
  7. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  8. プロドラッグの話

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  2. チアミン (thiamin)
  3. 2016年1月の注目化学書籍
  4. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  5. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  6. ニンニクの主要成分を人工的につくる
  7. ポットエコノミー Pot Economy
  8. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ
  9. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  10. チャップマン転位 Chapman Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP