[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業2020年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生産技術を保有しており、チーム制で案件に対応しています。我々と一緒に働いてくれる次のような人材を求めています。

~鶏口となるも、牛後となるなかれ~

1.できない理由を考えるのではなく、できる方法を考える人。
2.自ら考え、課題を発見し、解決に向けた行動を起こしていける人。
3.相手の話を良く聞き、自分の考えをしっかり伝えられる人。
4.論理的に物事を考えられる人。

ライトケミカルは、前向きに行動を起こす人には、年齢に関わらず責任ある仕事を任せます。
そのことにやりがいを感じるチャレンジ精神を持った人を必要としています。

募集職種 新卒(総合職)
業務内容 生産技術、検査・分析、製造、購買、総務・経理他
応募資格 2020年3月に化学系の大学・大学院を卒業(修了)見込みの方。
 勤務地 滋賀県野洲市
勤務時間 8:30~17:30(配属先業務に応じ、シフト有)
給与等 初任給  学部卒     220,000円
修士了       230,000円
福利厚生 各種社会保険 退職金制度  財形積立  社員食堂  同好会
守山野洲勤労福祉センター加入
昇給・賞与・諸手当・休日休暇 昇給:年1回(4月)        賞与:年2回(6月・12月)

資格手当、家族手当、住宅手当、通勤手当(全額)他

・年間休日 121日
・年次有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇

採用スケジュール 随時募集中
連絡先 人事総務 採用担当:和田
e-mail:n-wada@lightchemical.co.jp
TEL:077-588-0589
FAX:077-587-1602
応募方法 ホームページ(採用情報新卒採用)よりエントリーして下さい。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 76億521万円(2018年3月期実績)
 従業員数 164名(2018年8月31日現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

ライトケミカル工業技術情報

紹介記事

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  2. ホウ素-ジカルボニル錯体
  3. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  4. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  5. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  6. 実験する時の服装(企業研究所)
  7. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モータ…
  8. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペイン転位 Payne Rearrangement
  2. Independence Day
  3. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  5. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  6. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  7. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  8. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より
  9. Evonikとはどんな会社?
  10. 2013年就活体験記(1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP