[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業2021年採用情報

[スポンサーリンク]

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生産技術を保有しており、チーム制で案件に対応しています。我々と一緒に働いてくれる次のような人材を求めています。

~鶏口となるも、牛後となるなかれ~

1.できない理由を考えるのではなく、できる方法を考える人。
2.自ら考え、課題を発見し、解決に向けた行動を起こしていける人。
3.相手の話を良く聞き、自分の考えをしっかり伝えられる人。
4.論理的に物事を考えられる人。

ライトケミカルは、前向きに行動を起こす人には、年齢に関わらず責任ある仕事を任せます。
そのことにやりがいを感じるチャレンジ精神を持った人を必要としています。

募集職種 新卒(総合職)
業務内容 生産技術、検査・分析、製造、購買、総務・経理他
応募資格 2021年3月に化学系の大学・大学院を卒業(修了)見込みの方。
 勤務地 滋賀県野洲市
勤務時間 8:30~17:30(配属先業務に応じ、シフト有)
給与等 初任給  学部卒     220,000円
修士了       230,000円
福利厚生 各種社会保険 退職金制度  財形積立  社員食堂  同好会
守山野洲勤労福祉センター加入
昇給・賞与・諸手当・休日休暇 昇給:年1回(4月)        賞与:年2回(6月・12月)

資格手当、家族手当、住宅手当、通勤手当(全額)他

・年間休日 121日
・年次有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇

採用スケジュール 随時募集中
連絡先 人事総務 採用担当:飯田
e-mail:k-iida@lightchemical.co.jp
TEL:077-588-0589
FAX:077-587-1602
応募方法 ホームページ(採用情報新卒採用)よりエントリーして下さい。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 87億89百万円(2019年3月期実績)
 従業員数 175名(2019年7月現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

ライトケミカル工業技術情報

紹介記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング…
  2. 高分子を”見る” その2
  3. (+)-sieboldineの全合成
  4. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  5. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  6. CRISPRの謎
  7. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  8. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  2. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  3. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  4. Grubbs第一世代触媒
  5. ドライアイスに御用心
  6. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  7. 駅トイレ光触媒で消臭
  8. ランタノイド Lanthanoid
  9. as well asの使い方
  10. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP