[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ライトケミカル工業2021年採用情報

[スポンサーリンク]

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生産技術を保有しており、チーム制で案件に対応しています。我々と一緒に働いてくれる次のような人材を求めています。

~鶏口となるも、牛後となるなかれ~

1.できない理由を考えるのではなく、できる方法を考える人。
2.自ら考え、課題を発見し、解決に向けた行動を起こしていける人。
3.相手の話を良く聞き、自分の考えをしっかり伝えられる人。
4.論理的に物事を考えられる人。

ライトケミカルは、前向きに行動を起こす人には、年齢に関わらず責任ある仕事を任せます。
そのことにやりがいを感じるチャレンジ精神を持った人を必要としています。

募集職種 新卒(総合職)
業務内容 生産技術、検査・分析、製造、購買、総務・経理他
応募資格 2021年3月に化学系の大学・大学院を卒業(修了)見込みの方。
 勤務地 滋賀県野洲市
勤務時間 8:30~17:30(配属先業務に応じ、シフト有)
給与等 初任給  学部卒     220,000円
修士了       230,000円
福利厚生 各種社会保険 退職金制度  財形積立  社員食堂  同好会
守山野洲勤労福祉センター加入
昇給・賞与・諸手当・休日休暇 昇給:年1回(4月)        賞与:年2回(6月・12月)

資格手当、家族手当、住宅手当、通勤手当(全額)他

・年間休日 121日
・年次有給休暇、慶弔休暇、永年勤続休暇

採用スケジュール 随時募集中
連絡先 人事総務 採用担当:飯田
e-mail:k-iida@lightchemical.co.jp
TEL:077-588-0589
FAX:077-587-1602
応募方法 ホームページ(採用情報新卒採用)よりエントリーして下さい。

ライトケミカル工業株式会社の基本情報

会社名 ライトケミカル工業株式会社
本社所在地 滋賀県野洲市三上前田川原2251番地
事業所 (本社事業所のみです)
事業内容 受託専門の合成樹脂加工
 設立/創立 1966年10月13日
 資本金 2,500万円
 売上高 87億89百万円(2019年3月期実績)
 従業員数 175名(2019年7月現在)
 ホームページ https://www.lightchemical.co.jp/

ライトケミカル工業技術情報

紹介記事

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  2. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  3. 信じられない!驚愕の天然物たち
  4. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  5. プロドラッグって
  6. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体…
  7. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!…
  8. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  3. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  4. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  5. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  6. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  7. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  8. 科学部をもっと増やそうよ
  9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  10. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP