[スポンサーリンク]


2009年 2月 17日

  1. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  2. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)
  3. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  4. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!
  5. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  6. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  7. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

注目情報

最新記事

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

PAGE TOP