[スポンサーリンク]

archives

トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane

P0857.gif

フルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応

ShiとZhangは、Pd(OAc)2触媒を用いた、温和な条件下でのアリールトリアルコキシシランとアリールブロミドのフルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応を報告しています。それによると、PEGと3当量の水酸化ナトリウムを用いることで収率が大きく改善されています。反応生成物はエーテル抽出により容易に取り出すことが可能です。この触媒システムは、高反応効率を維持しながら8回再利用されています。
S. Shi, Y. Zhang, J. Org. Chem, 2007, 72, 5927.

関連記事

  1. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  2. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  3. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  4. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  5. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  6. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  7. Reaxys無料トライアル実施中!
  8. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  2. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  3. アザジラクチンの全合成
  4. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  5. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  6. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  7. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  8. 劉 龍 Ryong Ryoo
  9. サイエンスアゴラ2014総括
  10. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP