[スポンサーリンク]

archives

トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane

P0857.gif

フルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応

ShiとZhangは、Pd(OAc)2触媒を用いた、温和な条件下でのアリールトリアルコキシシランとアリールブロミドのフルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応を報告しています。それによると、PEGと3当量の水酸化ナトリウムを用いることで収率が大きく改善されています。反応生成物はエーテル抽出により容易に取り出すことが可能です。この触媒システムは、高反応効率を維持しながら8回再利用されています。
S. Shi, Y. Zhang, J. Org. Chem, 2007, 72, 5927.

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  2. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  3. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  6. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  7. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  8. チアゾリジンチオン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  2. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  3. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  4. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  5. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  8. 化学 2005年7月号
  9. 入門 レアアースの化学 
  10. 2009年10大化学ニュース【Part2】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP