[スポンサーリンク]

archives

トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane

[スポンサーリンク]

P0857.gif

フルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応

ShiとZhangは、Pd(OAc)2触媒を用いた、温和な条件下でのアリールトリアルコキシシランとアリールブロミドのフルオリドフリー水中檜山クロスカップリング反応を報告しています。それによると、PEGと3当量の水酸化ナトリウムを用いることで収率が大きく改善されています。反応生成物はエーテル抽出により容易に取り出すことが可能です。この触媒システムは、高反応効率を維持しながら8回再利用されています。
S. Shi, Y. Zhang, J. Org. Chem, 2007, 72, 5927.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 抗酸化能セミナー 主催:同仁化学研究所
  2. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  3. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  4. 人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには
  5. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3…
  6. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  7. SPhos
  8. Nsアミン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  2. ボリレン
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解貴金属めっきの各論編~
  4. 売切れ必至!?ガロン瓶をまもるうわさの「ガロテクト」試してみた
  5. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発
  6. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  7. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授
  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  9. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!
  10. 宇宙で結晶化!? 創薬研究を支援する結晶生成サービス「Kirara」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年2月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP