[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

関連記事

  1. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  2. サレン-Mn錯体
  3. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  4. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  5. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  6. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  7. 芳香環シラノール
  8. ショウガに含まれる辛味成分

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カラムやって
  2. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  3. 世界の中心で成果を叫んだもの
  4. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  5. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
  6. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  7. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  8. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction
  9. 力を加えると変色するプラスチック
  10. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP