[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

[スポンサーリンク]

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

関連記事

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  2. 分析化学科
  3. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  4. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  5. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  6. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  7. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  8. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イライアス・コーリー E. J. Corey
  2. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  4. 有機化学命名法
  5. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  6. 大学入試のあれこれ ②
  7. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応
  8. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  9. タミフルの新規合成法・その4
  10. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP