[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

[スポンサーリンク]

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!
  2. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  3. 向山酸化剤
  4. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  5. XPhos
  6. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  7. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  8. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  2. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  3. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  4. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)
  5. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  6. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  7. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  8. ジョン・フェン John B. Fenn
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  10. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP