[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

[スポンサーリンク]

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  2. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  3. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  4. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  5. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  6. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  8. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  2. 鈴木 章 Akira Suzuki
  3. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  4. ワイス反応 Weiss Reaction
  5. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  6. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  7. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  8. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します
  9. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  10. 化学と工業

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP