[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

関連記事

  1. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  2. Nsアミン誘導体
  3. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  4. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  5. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  6. ペンタフルオロスルファニル化合物
  7. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  8. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  2. グローバルCOE審査結果
  3. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  4. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  5. 元素のふしぎ展に行ってきました
  6. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  8. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  9. マーティン・カープラス Martin Karplus
  10. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP