[スポンサーリンク]

archives

バトフェナントロリン:Bathophenanthroline

D0905.gif

鉄触媒を用いたベンゼンの直接アリール化

Charetteらは鉄触媒による,ベンゼンやアレーンとよう化アリールの直接アリール化反応を報告しています。本反応では,よう化ピリジルやよう化ピラジルを用いてヘテロビアリール体も合成しています。触媒系はFe(OAc)2バトフェナントロリン配位子から構成されます。反応機構の考察によると,本反応は鉄を触媒としたアリールリビングラジカル重合と同様の機構で進行します。本反応の進行にFe(OAc)2の純度は大きな影響を与えません。

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514.

関連記事

  1. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  2. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  3. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  4. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  5. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  6. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  7. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  2. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  3. Nature Chemistryデビュー間近!
  4. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  5. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  6. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  7. 細胞をすりつぶすと失われるもの
  8. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  9. 大学入試のあれこれ ①
  10. 資生堂企業資料館

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP