[スポンサーリンク]


2009年 2月 27日

  1. 個性あるTOC

    Enantioselective Intramolecular Friedel?Crafts-Type α-Arylation of AldehydesNicolaou, K.C.; Reingruber,R; Sarl…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2011-化学
  2. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  3. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  4. 徹底的に電子不足化した有機π共役分子 ~高機能n型有機半導体材料の創製を目指して~
  5. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  6. 製薬会社5年後の行方
  7. アジリジンが拓く短工程有機合成

注目情報

最新記事

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP