[スポンサーリンク]

その他

【書籍】化学探偵Mr.キュリー5

[スポンサーリンク]

化学小説家の喜多喜久氏。ケムステでは、化学小説まとめのまとめサイトもつくって小説会で化学を盛り上げる同氏を応援しています。今回はタイトル通り、人気シリーズの「化学探偵Mr. キュリー」の第5弾が発売されるそうです。「4」も今年の3月に発売されており、すでに次作も執筆済みだとか。発売している中央公論新社からは特設サイトも開設しているようです。おなじみとなったキャラももちろん登場しますのでぜひお読みください。今回も著者の喜多さんに直接書籍の紹介をお願いしました。それでは御覧ください。

化学探偵Mr.キュリー特設サイト

 

「化学者のつぶやき」をご覧の皆様。いつもお世話になっております。喜多喜久です。

春に引き続き、例のシリーズの新作が出ることになりましたので、またまた紹介記事を投稿させていただきました。(ちなみに、シリーズ初の同年刊行になります)

新刊のタイトルは、「化学探偵Mr.キュリー5」です。(中央公論新社・12/21刊行)

本シリーズの累計発行部数は、本作で40万部に到達しました。たとえ練りに練った設定があっても、あるいは重厚で壮大なストーリーを構想していても、漫画と同様、小説も売れなければ続きは書かせてもらえません。こうして続編が出せるのは読者の皆様の支持があってのことです。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

本シリーズのメインキャラクターは、四宮大学の事務員・七瀬舞衣と、同大学の准教授、”Mr.キュリー”こと沖野春彦の二人です。

主人公の紹介(中央公論新社特設ページより)

それではいつものように、本作の各話のあらすじを紹介していきたいと思います。

 

(第一話)化学探偵と無上の甘味(かんみ)

四月、四宮大学では、新入生歓迎会が開かれることになった。イベント担当である舞衣は、化学サークルによる互いの存亡を懸けた勝負に巻き込まれてしまう。新入生歓迎会で行われるのは、「自分たちで合成した甘味料の甘さを競う」勝負。

イベントが近づく中、彼らが爆発物を作っている疑惑が浮上。不安になった舞衣は沖野に相談するが……。

(第二話)化学探偵と痩躯の代償

休日、街で買い物をしていた舞衣は、高校時代の友人、布施朝香と偶然再会する。ダイエットに成功し、見違えるほどに痩せた朝香。舞衣は彼女の交際相手が四宮大生だと知って驚く。そんなある日、その交際相手が舞衣のところに現れる。

「彼女はストーカーに悩まされている」と彼は主張。調査を進めるうち、朝香が意識を失って倒れてしまう。

(第三話)化学探偵と襲い来る者

大学周辺で、四宮大生を狙った連続暴行事件が発生する。「四宮大生狩り」への対策を急ぐ舞衣は、過去に知り合った学生たちが「自分が犯人を捕まえてみせる」と張り切っていることを知る。

舞衣は止めようとするが、彼らは「大事な人を守りたい」と主張し、聞く耳を持とうとしない。包囲網が張り巡らされる中、再び四宮大生狩りが出現する。

(第四話)化学探偵と未来への対話

「知り合いの家に引きこもりの高校生がいるので、なんとかしてあげたい」舞衣は叔母からそんな相談を持ちかけられる。

舞衣は大学でメンタルヘルスケア担当を務めている。専門家より、年の近い相手の方が話しやすいのではと叔母は言う。少しでも力になれるのならと思い、舞衣はその高校生と会ってみることに。

(第五話)化学探偵と冷暗の密室

もうすぐ夏休みを迎えようとしているある日、節電のために施設の稼働状況を調べることになり、舞衣は沖野と共に理学部地下の冷蔵室を見に行く。利用状況を確認し、部屋を出ようとしたところで、ドアが開かなくなっていることに気づく。

室温は4℃。非常用ボタンも利かず、外との連絡も不可能。さらに、部屋の電気まで消えてしまって……。

 

前作の「」では、シリーズの中では異色となる、変化球的な話をいくつか入れましたが、今作は「1~3」の雰囲気に戻したつもりです。

第二話は編集者さんのお気に入りの一話です。お節介の権化のような舞衣ですが、確かに彼女によって救われている人間がいるのだ、ということが書けたのは良かったと思います。

個人的に気に入っているのは第五話です。近くにも冷蔵室がある方は、「ここに閉じ込められたらどうしよう」と想像したこともあるかもしれません。いかにして極限状態から脱出するか、想像しながら読んでもらえると嬉しいです。

劇中での二年目がスタートし、なんとなく「第二部」が始まった感がある本シリーズ。もちろんこれからも続いていきます。……というか、実は現時点ですでに「6」が書き上がっています! 次回作はシリーズ初の長編になります。刊行時期は未定ですが、既刊を揃えつつお待ちいただけるとありがたいです。

ということで、2017年以降もよろしくお願いいたします!

関連リンク

  • 化学小説まとめ:喜多さんの書籍と紹介記事はすべてこちらに掲載しています。

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  2. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  3. イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど…
  4. プロドラッグの話
  5. ニンニクの主要成分を人工的につくる
  6. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  7. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  8. 良質な論文との出会いを増やす「新着論文リコメンデーションシステム…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  2. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  3. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  4. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  5. アイルランドに行ってきた①
  6. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌
  7. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現
  8. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  9. 2015年ケムステ人気記事ランキング
  10. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP