[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

[スポンサーリンク]

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  2. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  3. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  5. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  6. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  7. A-Phosパラジウム錯体
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2010年10大化学ニュース
  2. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  3. リピトールの特許が切れました
  4. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  5. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  6. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  7. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  8. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  9. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  10. 下村 脩 Osamu Shimomura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP