[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

[スポンサーリンク]

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

関連記事

  1. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  2. スルホニルフルオリド
  3. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  4. TFEDMA
  5. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  6. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  7. MNBA脱水縮合剤
  8. pre-ELM-11

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  2. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている
  3. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  4. コープ転位 Cope Rearrangement
  5. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  6. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  7. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  8. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方
  9. 鈴木 章 Akira Suzuki
  10. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP