[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

関連記事

  1. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  2. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  3. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  4. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  5. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  6. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  7. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  8. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  2. アミドをエステルに変化させる触媒
  3. 比色法の化学(後編)
  4. ネバー転位 Neber Rearrangement
  5. あなたの天秤、正確ですか?
  6. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  7. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  8. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  9. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  10. 熊田 誠 Makoto Kumada

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP