[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

関連記事

  1. 研究者へのインタビュー
  2. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  3. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  4. ショウガに含まれる辛味成分
  5. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  6. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  7. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  8. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機触媒 / Organocatalyst
  2. Glenn Gould と錠剤群
  3. 医薬品の黄金世代到来?
  4. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  5. エドマン分解 Edman Degradation
  6. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  7. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  8. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  9. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  10. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP