[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

関連記事

  1. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  2. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  3. ニュースタッフ追加
  4. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  5. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  6. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  7. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  8. ショウガに含まれる辛味成分

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する
  2. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  3. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  4. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  5. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  6. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  7. 化学者の卵に就職活動到来
  8. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  9. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  10. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP