[スポンサーリンク]

archives

AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応

[スポンサーリンク]

T1331.gif


Pengらは,トリフルオロメタンスルホン酸銀とヨウ化銅の共触媒によるN’-(2-アルキニルベンジリデン)ヒドラジドからのタンデムアルキニル化環化反応を報告しています。 本反応では,N-イミノイソキノリニウムイリドが生成し,次いでこのイリドのα-水素に臭化アルキンが反応し,最後に環化反応が温和な反応条件下で進行して対応するH-ピラゾロイソキノリン類をワンポットで得ています。

P. Huang, Q. Yang, Z. Chen, Q. Ding, J. Xu, Y. Peng, J. Org. Chem. 2012, 77, 8092.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  2. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  3. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  4. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します…
  5. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  6. Accufluor(NFPI-OTf)
  7. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  8. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  2. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  3. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  4. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  5. CRISPR(クリスパー)
  6. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  7. 巻いている触媒を用いて環を巻く
  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  9. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  10. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP