[スポンサーリンク]


2009年 9月 03日

  1. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction

    概要リン化合物のP-H結合は穏和な条件下に酸化が行える。四塩化炭素を作用させると、P-Cl結合をもつ化合物へと変換される。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!
  2. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  3. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  4. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  5. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?
  6. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  7. 【22卒就活イベント(東京・大阪)/修士1年 技術系職種志望者対象】化学企業4社による企業研究セミナー

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP