[スポンサーリンク]


2009年 12月 10日

  1. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis Pair

     嵩高い置換基を持つルイス酸とルイス塩基の同士は、その立体障害ゆえにお互い錯形成を行うことができない。このような酸-塩基コンビネーションを、フラストレイティド・ルイスペア(frustrated Lewis pair;FLP)と呼ぶ。…

  2. 個性あるTOCその③

    Theoretical and NMR Studies of Deuterium I…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  2. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  3. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  4. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  5. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  6. ジョージ・チャーチ George M. Church
  7. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP