[スポンサーリンク]

ケムステニュース

JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

[スポンサーリンク]

 

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は8月16日、日本の南方約2500kmに位置する「マリアナ海溝チャレンジャー海淵」の世界最深部(深度1万900m)に生息する「ヨコエビ(学名:Hirondellea gigas,和名:カイコウオオソコエビ)」の生態解明を行い、その食性究明において、タンパク質、脂質、多糖類などに対する分解活性を解析したところ、新規で有用性の高い消化酵素の検出及び精製に成功したと発表した。

 

今回発見された酵素は、カルボキシメチルセルロース(CMC)を基質とする新規なセルラーゼです。CMCは、紙製品などの原料に使われております。現在までCMCを基質とし、グルコースとセロビオースを生産するセルラーゼの報告は無く、この点においてこの酵素は新規です。

 

今回の発見は、カイコウオオソコエビが保持するセルラーゼが、木材や紙類を含めた多種多様なバイオマス全般に対して、高いグルコース生産性を有していることを明らかにしたものです。木材等と反応させることによって、エタノールの原料であるグルコースを容易に取得できることから、再生エネルギーとして期待されているバイオエタノールの生産等に大きく寄与することが期待されています。

 

  • 外部リンク

JAMSTEC プレスリリース

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. CAS番号の登録が1億個突破!
  2. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  3. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  4. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  5. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  6. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  7. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  8. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis
  2. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW
  3. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  4. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  5. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  6. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  7. グリーンケミストリー Green Chemistry
  8. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  9. 【追悼企画】水銀そして甘み、ガンへー合成化学、創薬化学への展開ー
  10. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

緑膿菌の代謝産物であるPseudomonas quinolone signal(PQS)を有機合成化…

有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joullié-Ugi三成分反応・(-)-L-755,807 の全合成・結晶中構造転移・酸素付加型反応・多孔性構造体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年7月号がオンライン公開されました。夏…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP