[スポンサーリンク]

ケムステニュース

JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

[スポンサーリンク]

 

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は8月16日、日本の南方約2500kmに位置する「マリアナ海溝チャレンジャー海淵」の世界最深部(深度1万900m)に生息する「ヨコエビ(学名:Hirondellea gigas,和名:カイコウオオソコエビ)」の生態解明を行い、その食性究明において、タンパク質、脂質、多糖類などに対する分解活性を解析したところ、新規で有用性の高い消化酵素の検出及び精製に成功したと発表した。

 

今回発見された酵素は、カルボキシメチルセルロース(CMC)を基質とする新規なセルラーゼです。CMCは、紙製品などの原料に使われております。現在までCMCを基質とし、グルコースとセロビオースを生産するセルラーゼの報告は無く、この点においてこの酵素は新規です。

 

今回の発見は、カイコウオオソコエビが保持するセルラーゼが、木材や紙類を含めた多種多様なバイオマス全般に対して、高いグルコース生産性を有していることを明らかにしたものです。木材等と反応させることによって、エタノールの原料であるグルコースを容易に取得できることから、再生エネルギーとして期待されているバイオエタノールの生産等に大きく寄与することが期待されています。

 

  • 外部リンク

JAMSTEC プレスリリース

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  2. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  3. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  4. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  5. 化学ベンチャーが食品/医薬/化粧品業界向けに温度検知ゲル「The…
  6. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  7. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  8. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  2. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数
  3. Innovative Drug Synthesis
  4. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  5. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  6. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  7. アメリカ大学院留学:研究者キャリアとライフイベント
  8. CYP総合データベース: SuperCYP
  9. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  10. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

種々の生物活性物質に適用可能な飽和複素環の環縮小反応が開発された。可視光の照射のみで飽和複素環のヘテ…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Power…

化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210

自動でサンプリングして化学反応を追跡できる装置 EasySampler 1210…

化学者のためのエレクトロニクス講座~めっきの原理編~

このシリーズ、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDな…

常温・常圧で二酸化炭素から多孔性材料をつくる

第349回のスポットライトリサーチは、京都大学工学研究科堀毛研究室で2020年に博士号を取得され、現…

第464回生存圏シンポジウム バイオナノマテリアルシンポジウム2021 - アカデミアからの発信 –

温室効果ガスゼロエミッションは、あらゆる分野において人類が生存を賭けて取り組む喫緊の課題です。大気中…

宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に

「鄒承魯小惑星」の命名セレモニーが2日、中国科学院生物物理研究所で行われた。中央テレビニュースが伝え…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP