[スポンサーリンク]


2010年 1月 09日

  1. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法

    先日、Tobias Ritter助教授の講演を聴いてきました。彼は2006年にハーバード大学でPrincipal Investigator (PI)として働き始めたばかりの、新鋭気鋭の若手研究者です。今回は主軸テーマとして研究を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  3. 創発型研究のススメー日本化学会「化学と工業:論説」より
  4. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  5. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授
  6. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編
  7. ケミカル・ライトの作り方

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP