[スポンサーリンク]


2010年 1月 09日

  1. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法

    先日、Tobias Ritter助教授の講演を聴いてきました。彼は2006年にハーバード大学でPrincipal Investigator (PI)として働き始めたばかりの、新鋭気鋭の若手研究者です。今回は主軸テーマとして研究を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 比色法の化学(前編)
  2. 理化学研究所上級研究員(創発デバイス研究チーム)募集
  3. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで
  4. 第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!
  5. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  6. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授
  7. 信じられない!驚愕の天然物たち

注目情報

最新記事

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

先端事例から深掘りする、マテリアルズ・インフォマティクスと計算科学の融合

開催日:2023/12/20 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

最新の電子顕微鏡法によりポリエチレン分子鎖の向きを可視化することに成功

第583回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 陣内研究室の狩野見 …

\脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケミカルリサイクル・金属製錬プロセスのご紹介

※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。脱炭素化と省エネに貢献するモノづくり技術の一つと…

【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る

概要米国の女性科学者たちは科学界のジェンダーギャップにどのように向き合い,変えてきたのか ……

PAGE TOP