[スポンサーリンク]

archives

東京化成工業がケムステVシンポに協賛しました

[スポンサーリンク]

現状、御存知の通り、学会やシンポジウム、講演会はもっとも経済に関わらず、3密を促進するもので、軒並み中止・延期になっています。おそらくこの1年は状況は変わらないものと推察いたします。

それに代わり、世界中のどこでもオンラインで最新研究や化学の面白さを拝聴できるバーチャル講演会(シンポジウム)の開催が急激に増えています。おそらく1年これを続けたら、通常の講演会と併用され、講演会のスタンダードの1つになっていくと思われます。

このような状況の中、Chem-Stationでもなにかできないかということで、先日ケムステバーチャルシンポジウム(Vシンポ)を開催しました。第一回目はおかげさまで大成功となり、今週第二回目が開催となります。もう少しで告知いたしますが、第三回も開催決定しています。5月はこれで3回開催とハイペースででしたが、今後は特別シンポジウムを除き、月1回を目処にバーチャルシンポジウムを開催していきたいと考えています。

第一回目の様子

 

如何にして長期的に運営していくか

しかし、これを長期的な意味で運営していくには、本企画への協賛がどうしても必須となります。

普通のシンポジウムに比べて破格で開催でき、聴衆から会費を取る必要のないVシンポですが、実はそれなりに経費がかさみます。講演者に関しては、懇意にしている方は特に、ケムステ主催なら無償で!といった方が多く、講演料もお断りされる方が多いですが、今後国内外でVシンポが行われると考えると常にそういうわけにもいきません。

また、ケムステの影響力の少ない分野・マイノリティ分野の講演者の招聘や、今後数十回のVシンポを運営していくことを考慮すると、自身のタイムリソースとマネタイズの確保が必須となるわけです、ボランティアベースでは立ち行きませんそもそもそれをやってしまうと、全体にVシンポの”ボランティア感”が生まれ、面白い化学を伝える・ささえる職業(サイエンスコミュニケーターなど)の生業を潰す恐れがあります。

東京化成工業協賛第一号!

そういうわけで、東京化成工業(TCI)に本企画にご賛同いただき、いち早く協賛企業となっていただきました。

そもそも東京化成工業は現社長がまだ現場で働いていた頃から、20年来のお付き合いをさせていただいており、実はケムステ立ち上げ当初からの協賛企業でもあります。本企画に関しても、企業も売上が激減している中、即座にご快諾いただき、早速協賛していただくことになりました(なんと2日で社内の稟議を通していただきました。大感謝です)。

今後、告知記事やメッセージ等に協賛企業のご案内が多少はいるところがあると思いますが、本Vシンポを定期的・長期的に無料で配信を行っていくために必須であるため、皆様ご理解いただき、協賛企業も含めて応援していただければと思います

協賛のお知らせと、今後の本シンポジウムの方針でした。まだまだ協賛やコラボ企画など募集しておりますので、興味がある方はぜひご連絡ください。

皆様今後とも宜しくお願いいたします。

Chem-Station代表 山口潤一郎

TCIのプロフィール

化学系研究に従事している方は、国内の代表的な試薬メーカーであることはご存知だと思います。以下、企業プロフィールより抜粋。

明治27年に浅川商店として創業,昭和21年には化学メーカーとして現社名に改称しました。 研究開発用試薬を主軸とし,医薬品や化学品,電子材料等,多岐にわたる製品原料の供給をおこなっています。100年以上にわたる歴史と半世紀を越える製造経験,多目的に対応できる多種の設備をもち,30,000品目以上の製品を供給するとともに,お客様へのご要望に応じた受託合成もおこなっています。 また,北米を始め,欧州・中国・インドにも海外拠点を置き,世界各地で事業を展開しています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  2. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します…
  3. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…
  4. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  5. 未来の科学コミュニティ
  6. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに
  7. フロー法で医薬品を精密合成
  8. タミフルの効果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応
  2. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  3. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  4. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  5. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  6. 薬学部6年制の現状と未来
  7. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  8. ニュースタッフ追加
  9. 2010年イグノーベル賞決定!
  10. さあ分子模型を取り出して

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP