[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama

[スポンサーリンク]

 

土釜 恭直Kyoji Tsuchikama)は、抗体薬物複合体(antibody-drug conjugate, ADC)などの新規ドラッグデリバリーシステムを開発している有機化学者・創薬化学者である。

The University of Texas Health Science Center at Houston, Associate Professor

第37回 ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」講師

経歴

2004年 早稲田大学理工学部化学科 卒業
2007年 早稲田大学理工学術院理工学研究科 化学専攻修士課程修了
2007-2010年 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2010年 早稲田大学理工学術院先進理工学研究科 化学・生命化学専攻博士後期課程修了(指導教員:柴田 高範 教授、博士:理学)
2010年 The Scripps Research Institute(Mentor: Dr. Kim D. Janda)
2010-2012年 日本学術振興会海外特別研究員
2014年 The University of Texas Health Science Center at Houston (UTHealth Houston) Assistant Professor (Tenure-Track)
2021年-現在 UTHealth Houston Associate Professor (Tenured)

受賞歴

2010年 日本化学会学生講演賞
2013年 Scripps California Society of Fellows Travel Award, The Scripps Research Institute, La Jolla, CA
2017年 Breakthrough Award Level 2, Breast Cancer Research Program, the Department of Defense (Grant)
2018年 Breakthrough Award Level 1, Breast Cancer Research Program, the Department of Defense (Grant)
2019年 Highlighted Early-Carrier Researcher, CICR Newsletter, American Association for Cancer Research
2020年 Maximizing Investigators’ Research Award (MIRA R35), the National Institute of General Medical Sciences, the National Institutes of Health (Grant)
2021年 Outstanding Academic Investigator Award, 12th Annual World ADC San Diego (Hanson Wade)
2022年 Best ADC Pre-clinical Publication 2021 Award, 13th Annual World ADC San Diego (Hanson Wade)

研究業績

血中で安定なADCリンカーの開発

ADCとは、モノクローナル抗体と、強い生物活性を示す低分子化合物(ペイロード)を共有結合させた分子である。抗体とペイロードをつなぐリンカー部位の化学的特性は、ADCの薬効と安全性を決定づける要素の一つであるため、緻密な分子設計が要求される。バリンーシトルリンジペプチドは、ヒト血中で比較的安定であり、がん細胞内に高発現するカテプシンによって切断されてペイロードを速やかに放出できることから、ADCリンカーとして頻用される。しかし、1)げっ歯類の血中では不安定、2)好中球が発現するエラスターゼによる分解を受け、好中球減少の一因となるなどの問題も抱えている。これらの問題を解決できれば、マウスモデルを用いた前臨床試験の信頼性を向上し、患者に投与した際の血中毒性を抑制できるものと考えられる。土釜らは、「グルタミン酸–バリン–シトルリン」からなるトリペプチドリンカーを開発した[1],[2]。P3位へのグルタミン酸の付加により、げっ歯類の血中におけるリンカーの分解が抑制された。また、リンカーの極性が向上することから、タンパク凝集や免疫原性の原因となるADCの疎水性を低減する。続けて同グループは、P2位バリンをグリシンに置換した、「グルタミン酸–グリシン–シトルリン」リンカーを報告した[3]。この改良型リンカーは、がん細胞内での酵素的切断によるペイロードの放出能を維持しつつも、好中球由来の酵素による分解に対して耐性を示す。また、疎水性のバリン側鎖が除去されているため、さらに極性が向上している。本リンカーを用いて構築したADCは、乳がん及び脳腫瘍マウスモデルにおいて既存のADCよりも強い腫瘍縮小効果を示した。また、その高い薬効にも関わらず、全身毒性プロファイルは、既存のADCと同程度もしくはそれ以上に良好であった。

Figure 1

二重ペイロード型ADC (dual-payload ADC)の開発

従来のADCリンカーの多くは直鎖型構造であり、単一のペイロードを搭載するように設計されている。多くの悪性腫瘍は、遺伝子発現プロファイルの異なる細胞の集合体であるため、各細胞のペイロードに対する感受性は異なる。そのため、単一のペイロードでは全ての細胞を網羅的に殺傷することができない。結果として、薬剤耐性の獲得を伴ったがんの再発を引き起こす可能性がある。この問題を解決すべく、土釜らは2種類の異なるペイロードを搭載できる分岐型スペーサーを開発した[4],[5]。このスペーサーを導入することで、強力な微小管阻害剤であるmonomethyl auristatin E (MMAE)とmonomethyl auristatin F (MMAF)を同時搭載したADCが構築された。この二重ペイロード型 ADCは、HER2陽性と陰性の細胞が混在し、既存のADCに耐性を示す難治性乳がんマウスモデルにおいて、著しく強い腫瘍抑制効果を示した[3],[5]

 

参考文献

[1] Anami, C. M. Yamazaki, W. Xiong, X. Gui, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Nat. Commun. 9, 2512 (2018).

[2] Anami, Y. Otani, W. Xiong, S. Y. Y. Ha, A. Yamaguchi, K. A. Rivera-Caraballo, N. Zhang, Z. An, B. Kaur, and K. Tsuchikama, Cell Rep. 39, 110839 (2022).

[3] Y. Y. Ha, Y. Anami, C. M. Yamazaki, W. Xiong, C. M. Haase, S. D. Olson, J. Lee, N. T. Ueno, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Mol. Cancer Ther. 21, 1449 (2022).

[4] Anami, W. Xiong, X. Gui, M. Deng, C. C. Zhang, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Org. Biomol. Chem.15, 5635–5642 (2017).

[5] M. Yamazaki, A. Yamaguchi, Y. Anami, W. Xiong, Y. Otani, J. Lee, N. T. Ueno, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Nat. Commun. 12, 3528 (2021).

 

関連リンク

土釜研究室ウェブサイト

第37回 ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」

 

関連動画

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」の講演動画は後日公開します!

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  2. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  3. 中村 修二 Shuji Nakamura
  4. トーマス・トーレス Tomas Torres
  5. 大井貴史 Takashi Ooi
  6. サン・タン San H. Thang
  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  8. 八島栄次 Eiji Yashima

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  2. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  3. CAS Future Leaders Program 2022 参加者インタビュー
  4. 3Mとはどんな会社?
  5. CSJカレントレビューシリーズ書評
  6. アンモニアの安全性あれこれ
  7. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  8. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授
  9. 日本化学会 第103春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part1
  10. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

最新記事

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP