[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama

[スポンサーリンク]

 

土釜 恭直Kyoji Tsuchikama)は、抗体薬物複合体(antibody-drug conjugate, ADC)などの新規ドラッグデリバリーシステムを開発している有機化学者・創薬化学者である。

The University of Texas Health Science Center at Houston, Associate Professor

第37回 ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」講師

経歴

2004年 早稲田大学理工学部化学科 卒業
2007年 早稲田大学理工学術院理工学研究科 化学専攻修士課程修了
2007-2010年 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2010年 早稲田大学理工学術院先進理工学研究科 化学・生命化学専攻博士後期課程修了(指導教員:柴田 高範 教授、博士:理学)
2010年 The Scripps Research Institute(Mentor: Dr. Kim D. Janda)
2010-2012年 日本学術振興会海外特別研究員
2014年 The University of Texas Health Science Center at Houston (UTHealth Houston) Assistant Professor (Tenure-Track)
2021年-現在 UTHealth Houston Associate Professor (Tenured)

受賞歴

2010年 日本化学会学生講演賞
2013年 Scripps California Society of Fellows Travel Award, The Scripps Research Institute, La Jolla, CA
2017年 Breakthrough Award Level 2, Breast Cancer Research Program, the Department of Defense (Grant)
2018年 Breakthrough Award Level 1, Breast Cancer Research Program, the Department of Defense (Grant)
2019年 Highlighted Early-Carrier Researcher, CICR Newsletter, American Association for Cancer Research
2020年 Maximizing Investigators’ Research Award (MIRA R35), the National Institute of General Medical Sciences, the National Institutes of Health (Grant)
2021年 Outstanding Academic Investigator Award, 12th Annual World ADC San Diego (Hanson Wade)
2022年 Best ADC Pre-clinical Publication 2021 Award, 13th Annual World ADC San Diego (Hanson Wade)

研究業績

血中で安定なADCリンカーの開発

ADCとは、モノクローナル抗体と、強い生物活性を示す低分子化合物(ペイロード)を共有結合させた分子である。抗体とペイロードをつなぐリンカー部位の化学的特性は、ADCの薬効と安全性を決定づける要素の一つであるため、緻密な分子設計が要求される。バリンーシトルリンジペプチドは、ヒト血中で比較的安定であり、がん細胞内に高発現するカテプシンによって切断されてペイロードを速やかに放出できることから、ADCリンカーとして頻用される。しかし、1)げっ歯類の血中では不安定、2)好中球が発現するエラスターゼによる分解を受け、好中球減少の一因となるなどの問題も抱えている。これらの問題を解決できれば、マウスモデルを用いた前臨床試験の信頼性を向上し、患者に投与した際の血中毒性を抑制できるものと考えられる。土釜らは、「グルタミン酸–バリン–シトルリン」からなるトリペプチドリンカーを開発した[1],[2]。P3位へのグルタミン酸の付加により、げっ歯類の血中におけるリンカーの分解が抑制された。また、リンカーの極性が向上することから、タンパク凝集や免疫原性の原因となるADCの疎水性を低減する。続けて同グループは、P2位バリンをグリシンに置換した、「グルタミン酸–グリシン–シトルリン」リンカーを報告した[3]。この改良型リンカーは、がん細胞内での酵素的切断によるペイロードの放出能を維持しつつも、好中球由来の酵素による分解に対して耐性を示す。また、疎水性のバリン側鎖が除去されているため、さらに極性が向上している。本リンカーを用いて構築したADCは、乳がん及び脳腫瘍マウスモデルにおいて既存のADCよりも強い腫瘍縮小効果を示した。また、その高い薬効にも関わらず、全身毒性プロファイルは、既存のADCと同程度もしくはそれ以上に良好であった。

Figure 1

二重ペイロード型ADC (dual-payload ADC)の開発

従来のADCリンカーの多くは直鎖型構造であり、単一のペイロードを搭載するように設計されている。多くの悪性腫瘍は、遺伝子発現プロファイルの異なる細胞の集合体であるため、各細胞のペイロードに対する感受性は異なる。そのため、単一のペイロードでは全ての細胞を網羅的に殺傷することができない。結果として、薬剤耐性の獲得を伴ったがんの再発を引き起こす可能性がある。この問題を解決すべく、土釜らは2種類の異なるペイロードを搭載できる分岐型スペーサーを開発した[4],[5]。このスペーサーを導入することで、強力な微小管阻害剤であるmonomethyl auristatin E (MMAE)とmonomethyl auristatin F (MMAF)を同時搭載したADCが構築された。この二重ペイロード型 ADCは、HER2陽性と陰性の細胞が混在し、既存のADCに耐性を示す難治性乳がんマウスモデルにおいて、著しく強い腫瘍抑制効果を示した[3],[5]

 

参考文献

[1] Anami, C. M. Yamazaki, W. Xiong, X. Gui, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Nat. Commun. 9, 2512 (2018).

[2] Anami, Y. Otani, W. Xiong, S. Y. Y. Ha, A. Yamaguchi, K. A. Rivera-Caraballo, N. Zhang, Z. An, B. Kaur, and K. Tsuchikama, Cell Rep. 39, 110839 (2022).

[3] Y. Y. Ha, Y. Anami, C. M. Yamazaki, W. Xiong, C. M. Haase, S. D. Olson, J. Lee, N. T. Ueno, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Mol. Cancer Ther. 21, 1449 (2022).

[4] Anami, W. Xiong, X. Gui, M. Deng, C. C. Zhang, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Org. Biomol. Chem.15, 5635–5642 (2017).

[5] M. Yamazaki, A. Yamaguchi, Y. Anami, W. Xiong, Y. Otani, J. Lee, N. T. Ueno, N. Zhang, Z. An, and K. Tsuchikama, Nat. Commun. 12, 3528 (2021).

 

関連リンク

土釜研究室ウェブサイト

第37回 ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」

 

関連動画

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」の講演動画は後日公開します!

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa
  2. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  3. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  4. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  5. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  6. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  7. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishe…
  8. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  2. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  3. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  4. SciFinder Future Leaders プログラム体験記 まとめ
  5. アピオース apiose
  6. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方
  7. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授
  8. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  9. 【本日14時締切】マテリアルズ・インフォマティクスで活用される計算化学-その手法と概要について広く解説-
  10. ムスカリン muscarine

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP