[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョージ・オラー George Andrew Olah

ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017年3月8日)は、アメリカの有機化学者である。南カリフォルニア大学名誉教授。ローカー炭化水素研究所所長。1994年に「カルボカチオン化学への貢献」にてノーベル化学賞を単独受賞。 2005年プリーストリーメダル受賞(画像出典:Los Angeles Times )。

 経歴

1927年5月27日、ハンガリーのブダペストに生まれる。ブダペスト工業大学に学ぶが、1956年のハンガリー動乱により家族とともにイギリス、カナダへと逃亡。そこでダウ・ケミカル社に入社し、カルボカチオン化学の研究を始める。その後、1965年にウェスタンリザーブ大学、1977年に南カリフォルニア大学へと移る。

1949 ブダペスト工業大学 博士号取得
1949 ブダペスト工業大学 助教
1954 ハンガリー科学アカデミー中央研究所 副所長
1956 ダウ・ケミカルカンパニー入社
1965 ウェスタンリザーブ大学 教授
1977 南カリフォルニア大学 教授
1991 ローカー炭化水素研究所所長

 

受賞歴

1967 Leo Hendrick Baekeland Award
1979 Alexander von Humbolt Fellowship
1989 ロジャー・アダムス賞
1994  ノーベル化学賞
1996 Cotton Medal
2001  アーサー・C・コープ賞
2005 プリーストリーメダル
2013 Eric and Sheila Samson’s Prime Minister’s Prize
2013 Semmelweis Budapest Award

 

研究

マジック酸(Magic Acid):五フッ化アンチモン(SbF5)とフルオロスルホン酸(FSO3H)を混合して得られる超強酸。その酸性度は硫酸(H2SO4)のおよそ1000倍以上と見積もられる。通常プロトン化を受けない炭化水素系化合物すらプロトン化させる能力を持つ。オラーはこの酸を利用し、様々なカルボカチオン種を系統的に発生させ、かつ実験的に観測する手法を確立した。また、その過程で様々な有機合成手法の開発にも成功している[1]

 

非古典的カルボカチオン(Non-Classical Carbocation): シグマ結合を介して非局在化した、三中心二電子型カルボカチオンを指してこう呼ぶ。ノルボルニルカチオンがその代表的な例としてあげられる。その実在・非実在を巡り、1960年代から70年代にかけて激しい論争が巻き起こった。実在派はS・ウィンシュタイン、否定派はハーバート・ブラウンがその代表格であった。オラーは、ノルボルニルカチオンを実験的に生成させてNMR測定を行うこと[2]で非古典的カチオンの存在を実証し、論争に終止符を打った。

 

メタノールエコノミー(Methanol Economy):Olahは既存のエネルギー問題に統合的な解決を与えるべく、「化石燃料の代わりにメタノールをエネルギー媒体として用いる」という社会構想を提案している。これは環境問題に対する有効な進歩を与えるばかりか、資源偏在問題やエネルギーインフラ刷新コストの低減など、様々な分野に幅広いインパクトを与え、かつ現実的な優れた提案と鳴っている。このような社会構想をOlahは「Methanol Economy(メタノール経済社会)」[3]と呼称している。

GAOlah_5.gif

関連動画

関連論文

  1. Research Review: Olah, G. A. J. Org. Chem. 2005, 70, 2418. DOI:10.1021/jo040285o
  2. (a) Olah, G. A.; Tolgyesi, W. S. J Am Chem Soc 1961, 83, 5031. DOI: 10.1021/ja01485a037 (b)Schleyer, P. v. R.; Watts, W. E.; Fort, R. C.; Comisarow, M. B.; Olah, G. A. J. Am. Chem. Soc. 196486, 5679. DOI:10.1021/ja01078a056
  3. (a) Olah, G. A. Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 2636. doi:10.1002/anie.200462121 (b) Olah, G. A.; Prakash G. K. S.; Goeppert, A. J. Org. Chem. 2009, 74, 487. doi:10.1021/jo801260f (c) Methanol Economy – Wikipedia (d) Olah, G. A. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52 , 104. DOI: 10.1002/anie.201204995

名言集

「21世紀が近づいている。国の将来は若者の教育にどれほどのものを提供できるかにかかっている。教育は未来への最高の投資だ。非常に競争的な時代に突入しているからこそ、これが重要になっている。人は読むことから学ぶだけでなく、コンピュータを使って学ばなければならない。科学は国際的な事業で、一国だけでは発展させられるようなものではない。しかし、自然資源に恵まれていない国では、もっとも重要な資源が人間そのものなのだ」(引用:「異星人伝説 20世紀を創ったハンガリー人」マルクス・ジョルジュ著、日本評論社、2001年)

コメント & その他

  1. 彼はハンガリー人である。ハンガリーからはここ50年ほどで非常に多くのノーベル賞受賞者が輩出されている。その理由としては、高校教育の充実があげられる。1人の生徒に対する教員の割合が多く、さらに高校教師といえども博士を有している教師がたくさんいるという。そのためOlahも、特に自分の国に関する将来は気遣って上記のような発言を残している。
  2. かなり大柄な方で、写真をみればわかるように彫りの深い顔、常に紳士的な対応の化学者であるようだ。
  3. フッ化水素(HF)ーピリジン試薬は彼が開発したため、「オラー試薬」とも呼ばれている。

関連書籍

(書評:【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  2. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  3. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  4. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  5. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  6. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…
  7. 藤田 誠 Makoto Fujita
  8. パット・ブラウン Patrick O. Brown

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  2. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  3. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  4. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ
  5. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  6. マイクロプラスチックの諸問題
  7. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-2-yltrimethylsilane
  8. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  9. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  10. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP