[スポンサーリンク]


2010年 2月 18日

  1. ホウ素は求電子剤?求核剤?

    原子番号5番のホウ素(B)は耐熱ガラスやホウ酸ダンゴなどでおなじみです。有機合成化学においては鈴木カップリングの中枢を担う大事な元素ですね。有機化学の反応は、簡単に言ってしまえば求核剤と求電子剤との反応です。炭素や窒素、酸素など…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表
  2. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  3. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編
  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  5. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  6. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  7. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

PAGE TOP