[スポンサーリンク]


2010年 2月 18日

  1. ホウ素は求電子剤?求核剤?

    原子番号5番のホウ素(B)は耐熱ガラスやホウ酸ダンゴなどでおなじみです。有機合成化学においては鈴木カップリングの中枢を担う大事な元素ですね。有機化学の反応は、簡単に言ってしまえば求核剤と求電子剤との反応です。炭素や窒素、酸素など…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  2. 第17回ケムステVシンポ『未来を拓く多彩な色素材料』を開催します!
  3. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  4. 中学入試における化学を調べてみた
  5. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman
  6. 化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離
  7. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP