[スポンサーリンク]

一般的な話題

研究費総額100万円!2050年のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

[スポンサーリンク]

 

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室ならまだしも、ひとつ上の階や下の階、隣の建物になってくると、研究者の顔は見えてこないかもしれません。しかし個々の研究者は、研究活動を通じて追求したい究極の問いや、解決したい壮大な社会課題を持っています。それを研究室の中だけに閉じ込めておくことは、学術業界にとってはもちろん、社会全体にとってももったいないことです。

 

今回アカデミストでは、大きなビジョンを掲げて研究に取り組む若手研究者をサポートするために、自身の研究活動についてオンラインで継続的に発信することで個人や企業からの支援を募る企画「academist Prize」を実施いたします。

 

今回のテーマは、「2050年のミライをつくる研究」です。物理学者のピーター・ウェア・ヒッグス氏は、1964年に「ヒッグス機構」という理論を作りましたが、論文を公開した初期はほとんど引用されませんでした。しかし、2012年にヒッグス粒子が実験的に観測されたことにより、ヒッグス機構は革新的な理論として注目を集め、2013年にノーベル物理学賞を受賞します。また、細胞生物学者の大隅良典さんは、当時あまり研究対象にされていなかった「液胞」に注目して研究を進めてきました。約10年間の研究の過程で「オートファジー」の研究にたどり着き、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞します。もちろんノーベル賞による評価がすべてというわけではありませんが、いずれも新たな価値観や物事の見方を提示した重要な研究であるといえます。

 

みなさんが現在進めている研究は、2050年に学術業界や社会にどのような影響を与えているでしょうか。世界的な研究になるかどうか、現段階ではわからないかもしれません。しかしみなさん一人ひとりは、これまで世界的な成果をあげてきた研究者と同様に、確かな信念を持って研究を進めているはずです。今回の academist Prize を通じて、研究への思いや具体的な研究活動を、さまざまなバックグラウンドの人たちに届けてみてください。みなさんの研究を前進させるきっかけが見えてくるはずです。2050年の”ミライ”をつくる若手研究者からのご応募をお待ちしています!

 

オンライン説明会も開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください!

詳細はこちら

■ 日時

7月06日(火)19:00~

7月13日(火)19:00〜

7月17日(土)13:00~

■ 対象:

academist Prizeに関心のある博士号取得後3年以内の研究者、大学院生、大学生

■ 当日の流れ(60分)

・academist Prize 説明会(15分)

・質疑応答(15分)

・クラウドファンディング体験ワークショップ(希望者のみ:30分)

■ お申込み方法:

お申し込みはこちら

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. テクノシグマのミニオイルバス MOB-200 を試してみた
  2. 第2回エクソソーム学術セミナー 主催:同仁化学研究所
  3. 金属材料・セラミックス材料領域におけるマテリアルズ・インフォマテ…
  4. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  5. ゼロから始める!量子化学計算~遷移状態を求める~
  6. 有機化学者の仕事:製薬会社
  7. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  8. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  2. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3,4-Cyclobutanetetracarboxylic Dianhydride
  3. 化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~
  4. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  5. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?
  6. アルキンメタセシスで誕生!HPB to γ-グラフィン!
  7. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  8. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI
  9. Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-
  10. MALDI-ToF MSを使用してCOVID-19ウイルスの鼻咽頭拭い液からの検出に成功

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP