[スポンサーリンク]

一般的な話題

研究費総額100万円!2050年のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

[スポンサーリンク]

 

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室ならまだしも、ひとつ上の階や下の階、隣の建物になってくると、研究者の顔は見えてこないかもしれません。しかし個々の研究者は、研究活動を通じて追求したい究極の問いや、解決したい壮大な社会課題を持っています。それを研究室の中だけに閉じ込めておくことは、学術業界にとってはもちろん、社会全体にとってももったいないことです。

 

今回アカデミストでは、大きなビジョンを掲げて研究に取り組む若手研究者をサポートするために、自身の研究活動についてオンラインで継続的に発信することで個人や企業からの支援を募る企画「academist Prize」を実施いたします。

 

今回のテーマは、「2050年のミライをつくる研究」です。物理学者のピーター・ウェア・ヒッグス氏は、1964年に「ヒッグス機構」という理論を作りましたが、論文を公開した初期はほとんど引用されませんでした。しかし、2012年にヒッグス粒子が実験的に観測されたことにより、ヒッグス機構は革新的な理論として注目を集め、2013年にノーベル物理学賞を受賞します。また、細胞生物学者の大隅良典さんは、当時あまり研究対象にされていなかった「液胞」に注目して研究を進めてきました。約10年間の研究の過程で「オートファジー」の研究にたどり着き、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞します。もちろんノーベル賞による評価がすべてというわけではありませんが、いずれも新たな価値観や物事の見方を提示した重要な研究であるといえます。

 

みなさんが現在進めている研究は、2050年に学術業界や社会にどのような影響を与えているでしょうか。世界的な研究になるかどうか、現段階ではわからないかもしれません。しかしみなさん一人ひとりは、これまで世界的な成果をあげてきた研究者と同様に、確かな信念を持って研究を進めているはずです。今回の academist Prize を通じて、研究への思いや具体的な研究活動を、さまざまなバックグラウンドの人たちに届けてみてください。みなさんの研究を前進させるきっかけが見えてくるはずです。2050年の”ミライ”をつくる若手研究者からのご応募をお待ちしています!

 

オンライン説明会も開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください!

詳細はこちら

■ 日時

7月06日(火)19:00~

7月13日(火)19:00〜

7月17日(土)13:00~

■ 対象:

academist Prizeに関心のある博士号取得後3年以内の研究者、大学院生、大学生

■ 当日の流れ(60分)

・academist Prize 説明会(15分)

・質疑応答(15分)

・クラウドファンディング体験ワークショップ(希望者のみ:30分)

■ お申込み方法:

お申し込みはこちら

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入…
  2. 環状アミンを切ってフッ素をいれる
  3. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  4. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  5. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  6. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  7. 材料開発の変革をリードするスタートアップのBizポジションとは?…
  8. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  2. カイザーテスト Kaiser Test
  3. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay
  4. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  5. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料
  6. 化学に魅せられて
  7. 構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ
  8. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授
  9. 脱離反応 Elimination Reaction
  10. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP