[スポンサーリンク]

C

コールマン試薬 Collman’s Reagent

 

概要

Disodium Iron Tetracarbonylを俗にCollman試薬と呼称する。アルキルハライドと反応してアルデヒドやケトンを与える。

基本文献

 

開発の歴史

1973年米国スタンフォード大の化学者Collmanによって報告された手法である。

James P. Collman

James P. Collman

 

反応機構

collman_2.gif

反応例

コールマン試薬に逐次的にベンジルハライドを入れることで非対称のケトンを合成することができる[1]

2014-10-05_01-33-03

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Potter, R. G.; Hughes, T. S. Org. Lett. 2007, 9, 1187. DOI: 10.1021/ol0629770

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  2. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Eva…
  3. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  4. ジイミド還元 Diimide Reduction
  5. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  6. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  7. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  8. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  2. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  3. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応
  4. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  5. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  6. 化学系学生のための企業合同説明会
  7. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  8. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  9. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  10. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP