[スポンサーリンク]

C

コールマン試薬 Collman’s Reagent

 

概要

Disodium Iron Tetracarbonylを俗にCollman試薬と呼称する。アルキルハライドと反応してアルデヒドやケトンを与える。

基本文献

 

開発の歴史

1973年米国スタンフォード大の化学者Collmanによって報告された手法である。

James P. Collman

James P. Collman

 

反応機構

collman_2.gif

反応例

コールマン試薬に逐次的にベンジルハライドを入れることで非対称のケトンを合成することができる[1]

2014-10-05_01-33-03

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Potter, R. G.; Hughes, T. S. Org. Lett. 2007, 9, 1187. DOI: 10.1021/ol0629770

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  2. 脱離反応 Elimination Reaction
  3. パーコウ反応 Perkow Reaction
  4. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  5. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  6. 鋳型合成 Templated Synthesis
  7. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrange…
  8. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  2. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  3. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  6. 市民公開講座 ~驚きのかがく~
  7. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  8. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  9. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  10. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP