[スポンサーリンク]

C

コールマン試薬 Collman’s Reagent

 

概要

Disodium Iron Tetracarbonylを俗にCollman試薬と呼称する。アルキルハライドと反応してアルデヒドやケトンを与える。

基本文献

 

開発の歴史

1973年米国スタンフォード大の化学者Collmanによって報告された手法である。

James P. Collman

James P. Collman

 

反応機構

collman_2.gif

反応例

コールマン試薬に逐次的にベンジルハライドを入れることで非対称のケトンを合成することができる[1]

2014-10-05_01-33-03

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Potter, R. G.; Hughes, T. S. Org. Lett. 2007, 9, 1187. DOI: 10.1021/ol0629770

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  2. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  3. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  4. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  5. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  6. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  7. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal…
  8. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学に関係ある国旗を集めてみた
  2. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  3. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  4. イベルメクチン /Ivermectin
  5. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  6. エチレンを離して!
  7. 近況報告PartIV
  8. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  9. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  10. 山本明夫 Akio Yamamoto

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP