[スポンサーリンク]


2010年 5月 19日

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】

    講師        : 群馬大学 大学院工学研究科 非常勤講師 工学博士 西岡 利勝 氏【専門】 高分子材料の赤外・ラマン分光【活動・略歴】 日本化学試験所認定機構(非常勤) 高分子学会高分子表面研究会運営委員…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  2. 室温以上で金属化する高伝導オリゴマー型有機伝導体を開発 ―電子機能性を制御する新コンセプトによる有機電子デバイス開発の技術革新に期待―
  3. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成
  4. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  5. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  6. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  7. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP