[スポンサーリンク]

会告

【医薬分野のみなさま向けウェブセミナー】マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開

[スポンサーリンク]

 

今回は、医薬製造関連技術に特化したウェブセミナーを開催します!

 

当社はペプチスター様への世界最大級ペプチド固相合成装置 (GMP準拠仕様)の納入を一つの契機として、核酸医薬合成、凍結乾燥 (低分子、ペプチド、核酸、抗体など)、乾燥など多くのアプリケーションへ適用しております。

マイクロ波の基礎(マイクロ波とは、反応デザインの方法等)、応用例(マイクロ波の優位性 (プロセス・物質)、スケールアップ、設備等)、当社が販売中の装置についてお話しいたします。

ご興味のある方はぜひご参加ください!

 

■こんな方におすすめ!

医薬分野において新規事業/技術企画、技術開発をご担当されており、下記の課題や要望をお持ちの方

  • 競合/現行品よりも高品質なモノを製造したい
  • 競合/現行品よりも大幅にコストダウンしたい

 

■本セミナーで得られる情報

  • マイクロ波に関する基礎知識
  • 適用事例(原理、効果、スケールアップ)
  • マイクロ波化学(株)が提供するソリューション・商品・装置・開発インフラ

 

■アプリケーション例(効果例)

  • 凍結乾燥/乾燥 (時間短縮、劣化抑制、歩留まり向上など)
  • ペプチド/核酸医薬合成 (収率向上、原料使用量削減、時間短縮など)
  • エステル/アミド合成 (品質向上、時間短縮、装置小型化など)
  • 晶析 (劣化抑制、効率向上など)
  • その他有機合成、ポリマー重合、ナノ粒子合成など

 

■日時・申し込み先 (いずれの日程も講演内容は同じものになります)

  • 12月17日 (木) 14時〜15時
  • 12月 24日 (木) 14時〜15時

申し込みURL:https://mwcc201217.peatix.com/

※ページ内より希望日時のチケットをお申し込みください。

 

■参加費用

無料

 

■スピーカー

菅野 雅皓  /  事業開発マネージャー

 

■主催

マイクロ波化学株式会社

 

■問い合わせ先

マイクロ波化学株式会社

TEL:06-6170-7595 mail:info@mwcc.jp

ホームページ:https://mwcc.jp/

大阪府吹田市山田丘2番8号 テクノアライアンス棟3階

過去の類似セミナー

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 細胞をつなぐ秘密の輸送路
  2. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  3. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトロ…
  4. 組曲『ノーベル化学賞』
  5. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」…
  6. 円偏光スピンLEDの創製
  7. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  8. タンパクの「進化分子工学」とは

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  2. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  3. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  4. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  5. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  6. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  7. 紹介会社を使った就活
  8. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  9. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  10. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP