[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

[スポンサーリンク]

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属し、高性能芳香族ポリマーの設計、合成、構造化学および応用に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

家庭の事情もあったのでしょうね。1950年代を生きた父は、新興のエレクトロニクス産業で実験工学屋をしていたので、科学技術に関する人気の書籍を私はたくさん与えて貰っていました。ニューカッスルの地元の大学でも、子供向けに夜の科学講義をしており、時々なら兄やその友達と一緒について行くことを許されていました。その後のグラマー・スクールでは、賢明な科学教師のグループが毎週化学クラブを開いていました。ベークライトやナイロンなどを合成する実験が実際上手くいったときの興奮は、今でも覚えています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

作家かも知れません―化学者ならいつでももちろん、作家たるべきではありますが。物語作りが得意だったのかどうかは分かりませんが、ビクトリア朝とエドワード朝の美術史の中で、さほど知られていない部分の探求を楽しんでいました。その頃から、知られざる画家や作曲家を扱う伝記作家としてのキャリアを何かしら積んでいたのかもしれません。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

それが分かっていればなあ!とはいえ、石油とガスが本当に枯渇し、核分裂の可能性がまだ議論されており、核融合が現実的なテーマになるまでにはまだ長い道のりがあるわけです。その中で、エネルギーの生産・変換・貯蔵のための新材料とプロセスの開発は、化学が今後20年にわたって大きな社会的影響を与える分野の一つになるだろうと考えています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

前世紀で最も過小評価されていた科学者の一人、ローレンス・ブラッグと知り合えていたらよかったのに、と思います。彼の50年以上に及ぶ業績は驚くべきものです。結晶のX線回折を支配する基本法則を発見しただけでなく、この洞察を利用し、単純な塩から金属、ケイ酸塩鉱物、そしてついには生細胞内の最も複雑な分子の構造に至るまで、ほぼ全ての物質的本質を、文字通り初めて理解せしめたのです(彼はまた、あらゆる点で優秀な講師であり、真っ当な男性でもありました)。

William L. Bragg (1890-1971) (写真:Wikipedia)

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

つい昨日(確かにこれは5年ぶりのことですが)、研究室でタングステン-ルテニウム分子ワイヤーの合成と結晶化の検討実験をしていました。私はロンドンでBernard Aylettのもと、無機化学者として研究キャリアを始めました。今や仕事のほとんどはポリマーにフォーカスしたものですが、小規模ながら配位化学に関する研究プログラムを今でも続けています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本は、ジェームズ・ワトソンの「The Double Helix」です。この物語は、科学的競争と共同研究に関する重大な倫理的問題を提起していますが、同時に、過去なされた最も重要な科学的発見の一つを鮮やかに説き明かしています。さらに、1950年初頭の英国の知的生活の雰囲気をリアルに捉えています。この時期は、科学が戦時中の制約から抜け出そうとしていた魅力的な時期でもあり、バーナード・ラヴェルジョン・ランダルジェフリー・ウィルキンソンといった科学者がその原動力となっていました。こういった科学者の初期のキャリアは、いずれも戦争によって挫けていました。

CDは、ヴォーン・ウィリアムズの1913年の交響曲「ロンドン」です。時間と場所の精神を見事に捕えたもう一つの作品です。

原文:Reactions – Howard Colquhoun

※このインタビューは2008年1月4日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  2. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Pen…
  3. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Ton…
  4. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David M…
  5. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授
  6. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather M…
  7. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  8. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Youna…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  2. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis
  3. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  4. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex
  5. 化学研究特化型アプリまとめ
  6. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  7. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  8. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  9. コランニュレンの安定結合を切る
  10. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP