[スポンサーリンク]


2011年 5月 05日

  1. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

    概要銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。 (さらに…)…

  2. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine

    概要ヨウ素はハロゲン元素の中でも分極しやすく、電気陰性度が小さい。このため高い原…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  2. Reaxys PhD Prize再開!& クラブシンポジウム2019参加者募集
  3. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
  4. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  5. SciFinderマイスター決定!
  6. ビールに使われている炭水化物を特定する方法が発見される
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP