[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  3. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  4. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …
  6. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  7. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  8. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  2. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  3. 北川 進 Susumu Kitagawa
  4. 元素名と中国語
  5. ヘリウム不足いつまで続く?
  6. ベン・シェンBen Shen
  7. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  8. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis
  9. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  10. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP