[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

[スポンサーリンク]

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  2. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス…
  3. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  4. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  5. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  7. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  8. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  2. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  3. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018
  4. 世界が終わる日までビスマス
  5. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)
  6. インドール一覧
  7. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  8. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski
  9. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  10. 櫻井英樹 Hideki Sakurai

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP