[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  2. SelectfluorR
  3. スルホニルフルオリド
  4. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  5. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  7. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  8. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  2. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  3. 化学系研究室ホームページ作成ガイド
  4. 有機アジド(2):爆発性
  5. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  6. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. ノーベル街道起点
  8. Evonikとはどんな会社?
  9. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  10. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP