[スポンサーリンク]

archives

Nsアミン誘導体

A1632.gif

東京化成工業】
Nsアミン誘導体:N-Allyloxycarbonyl-2-nitrobenzenesulfonamide
分子量: 286.26
CAS: 90916-29-3
製品コード:A1632
値段: 5g 18,000円 (2008.10.22 現在)
用途:福山アミン合成の原料
説明:塩基性条件下でアルキルハライドと,光延条件下でアルコールと容易に反応する。その後、チオールを作用させる等温和な条件化でNs基を除去し、第二級アミンを合成することができる。
文献:T. Fukuyama, M. Cheung, T. Kan, Synlett, 1999, 1301
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  2. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  3. スーパーブレンステッド酸
  4. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  5. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) T…
  6. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  7. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  8. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大村 智 Satoshi Omura
  2. コーラから発がん物質?
  3. 国連番号(UN番号)
  4. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  5. 蒲郡市生命の海科学館で化学しようよ
  6. 野依記念物質科学研究館
  7. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  8. IGZO
  9. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  10. 計算化学:DFTって何? PartIII

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP