[スポンサーリンク]

K

衣笠反応 Kinugasa Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。

基本文献

 

反応機構

系中で生成する銅アセチリドとニトロンの[2+3]双極子付加環化を経て進行すると考えられている。
kinugasa_1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  2. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmet…
  3. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  4. ブラン環化 Blanc Cyclization
  5. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  6. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Di…
  7. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduc…
  8. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Py…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  2. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III
  3. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  4. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ
  5. 二酸化炭素をはきだして♪
  6. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  7. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  8. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  9. ここまで来たか、科学技術
  10. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP