[スポンサーリンク]

K

衣笠反応 Kinugasa Reaction

 

概要

銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。

基本文献

 

反応機構

系中で生成する銅アセチリドとニトロンの[2+3]双極子付加環化を経て進行すると考えられている。
kinugasa_1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. コープ脱離 Cope Elimination
  2. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Syn…
  3. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  4. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  5. ネバー転位 Neber Rearrangement
  6. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  7. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  8. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  3. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  4. クラーク・スティル W. Clark Still
  5. フェン・チャン Feng Zhang
  6. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  7. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  8. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  9. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  10. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP