[スポンサーリンク]

K

衣笠反応 Kinugasa Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。

基本文献

 

反応機構

系中で生成する銅アセチリドとニトロンの[2+3]双極子付加環化を経て進行すると考えられている。
kinugasa_1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  2. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  3. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Sy…
  4. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  5. エドマン分解 Edman Degradation
  6. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  7. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coup…
  8. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  2. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その2
  4. ダフ反応 Duff Reaction
  5. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授
  6. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  7. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  8. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  9. リッター反応 Ritter Reaction
  10. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP