[スポンサーリンク]

K

衣笠反応 Kinugasa Reaction

 

概要

銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。

基本文献

 

反応機構

系中で生成する銅アセチリドとニトロンの[2+3]双極子付加環化を経て進行すると考えられている。
kinugasa_1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  2. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  3. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  4. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  5. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  8. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  2. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  3. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  4. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  5. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  6. 水素結合の発見者は誰?
  7. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  8. Xantphos
  9. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  10. 進化する電子顕微鏡(TEM)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP