[スポンサーリンク]

K

衣笠反応 Kinugasa Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

銅触媒存在下にニトロンと末端アルキンを反応させると、βラクタムが得られる。

基本文献

 

反応機構

系中で生成する銅アセチリドとニトロンの[2+3]双極子付加環化を経て進行すると考えられている。
kinugasa_1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペイン転位 Payne Rearrangement
  2. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Ki…
  3. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  6. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  7. ペタシス反応 Petasis Reaction
  8. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis
  2. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  3. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  4. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  5. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  6. 「人工知能時代」と人間の仕事
  7. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  8. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  9. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  10. 遺伝子工学ーゲノム編集と最新技術ーChemical Times特集より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP