[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate

T2089.gif

ベンザイン,DMF,活性メチレン化合物の三成分カップリングによるクマリンの合成

吉田らは,トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニルとふっ化カリウムにより得られるベンザイン,DMF,活性メチレン化合物の三成分カップリングによるクマリンの合成を報告しています。本研究によれば,ベンザインとDMFの形式的な [2+2] 環化付加反応によりortho-キノンメチドが生成し,次いでエノラートエステルまたはケテンイミンとの [4+2] 環化付加反応が起こります。この反応により,重要な生理活性化合物類であるクマリンを得ることができます。

H. Yoshida, Y. Ito, J. Ohshita, Chem. Commun. 2011, 47, 8512.

関連記事

  1. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  2. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  3. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  4. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  5. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  6. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  7. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  8. BTQBT : BTQBT

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 発想の逆転で糖鎖合成
  2. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  3. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation
  4. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  5. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  6. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  7. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  8. 金よりも価値のある化学者の貢献
  9. Purification of Laboratory Chemicals
  10. NaHの水素原子の酸化数は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP