[スポンサーリンク]


2011年 7月 20日

  1. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan

    2-アセチルベンゾチオフェン誘導体の合成Chemburkarらは,2-アセチルベンゾチオフェンが得られます。"Efficient Method for Synthesis of 2-Acetylbenzo(b)thiophene…

  2. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)

    概要SN2置換反応などにおいては、通常強塩基にて脱プロトン化を行い、アニオンを生…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する
  2. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  3. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  4. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  5. ウギ反応 Ugi Reaction
  6. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授
  7. 100 ns以下の超高速でスピン反転を起こす純有機発光材料の設計

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP