[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%

[スポンサーリンク]

ニューロンチン 米製薬大手ファイザーが発表した第2・四半期決算は、特別利益や税金関連の調整で10億ドル以上のプラス効果があったため、純利益は前年同期を上回った。ただ、処方せん薬の売り上げは若干減少した。

 純利益は34億6000万ドル、1株あたり0.47ドル。前年同期は28億6000万ドル、1株0.38ドルだった。(引用:ロイター

 

世界的に爆発的な売り上げを上げている高脂血症治療薬 「リピトール降圧剤「ノルバスク」 の売り上げは増加している反面、消炎鎮痛剤「ベクストラ」 の販売停止、抗てんかん薬「ニューロンチン」のジェネリック薬品の登場による売り上げ減少の影響を受け、2005年は減収とみているようです。

関連書籍

 

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  2. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  3. 2008年10大化学ニュース
  4. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  5. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  6. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  7. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  8. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー
  2. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒
  3. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  4. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!
  5. 相田 卓三 Takuzo Aida
  6. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  7. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  8. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  9. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  10. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP