[スポンサーリンク]


2012年 6月 05日

  1. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation

    概要ボレート1,2-転位を経由する有機ホウ素化合物の増炭反応。ホウ素側にキラル補助基を導入しておくことで、不斉合成へも展開可能。近年、Aggarwalらによる連続型モジュール合成戦略(アセンブリライン合成)において本反応の知見が…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama
  2. 構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ
  3. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  4. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  5. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  6. スキンケア・化粧品に含まれる有害物質を巡る騒動
  7. 分子モーター Molecular Motor

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

PAGE TOP