[スポンサーリンク]

一般的な話題

聖なる牛の尿から金を発見!(?)

「金(きん)」は人を惹きつけてやまない元素です。誰しもが沢山所有したいと願い、銅や鉛からなんとかして金を作れないかという営み、すなわち錬金術を生み出しました。結局錬金術によって金を生み出すことはできませんが、紀元前から脈々と続いた錬金術の「実験」の中で現代の化学に通じる貴重な化合物、化学反応に関する知見が積み重ねられてきたことも事実です。

そんな「金」がなんと牛の尿から採れてしまうという驚くべきニュースが飛び込んできましたので紹介したいと思います。

タイトルで半ばネタバレしておりますが、筆者はそもそもあまり信じておりませんことを最初にお断りしておきます。

さて、まずはソースです。

Holy cow! Junagadh Agricultural University scientists find gold in Gir cow urine
Junagadh: The famous Gir cow is worth its weight in gold, quite literally! After four years of extensive research, scientists at Junagadh Agricultural University (JAU) have actually found gold in the urine of Gir cows. The analysis of urine samples of 400 Gir cows done at the Food Testing Laboratory of JAU showed traces of gold ranging from three mg to 10 mg from one litre urine. The precious metal was found in ionic form, which is gold salts soluble in water.
The team of researchers led by Dr B A Golakia, head of JAU’s biotechnology department, used gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) method to analyze the urine samples.
“Till now, we have heard about presence of gold in cow urine from our ancient scriptures and its medicinal properties. Since there was no detailed scientific analysis to prove this, we decided to undertake a research on cow urine. We analyzed 400 samples of Gir cow urine and found traces of gold,” Golakia said.
Golakia said the gold from urine can be extracted and solidified using chemical processes. The researchers also screened urine sample of camel, buffaloes, sheep and goat but they did not find any anti-biotic elements. Of the 5,100 compounds found in Gir cow urine 388 have immense medicinal value that can cure several ailments,” said Dr B I Golakia, head of JAU’s biotechnology department. He was assisted by researchers Jaimin, Rajesh Vijay and Shraddha. They will now analyze urine samples of all 39 indigenous cow breeds of India for the same purpose.

後略

The Times of India, Jun 28, 2016, 06.21 AM IST

ソースは入念に調べたつもりですが、ネット上と動画ニュースしか見つけられませんでした。2ヶ月ほど前のソースですが、現在のところ少なくとも論文にはなっていないと思われます。同じ文面のサイトがいくつもヒットしますので、どこかの通信社からの配信だと思われます。

さてそれではニュースから化学を読み取ってみましょう。まず科学者として出てくるのがインドのジュナーガド農業大学(Junagadh Agricultural University)に所属のDr. B. A. Golakiyaです原文は誤植だと思います。Golakiya博士はDepartment of Biotechnology and Biochemistryの長をされています。論文を拝見するに、遺伝子工学がご専門のようです。その他に数名の研究者の名前が挙げられていますが、特定はできませんでした。

 

研究の内容です。

Gir cowはインド東部のグジャラート州にあるGir森林地帯で主に飼育されています。とても穏やかな牛だそうです。

cow_1

Gir cow (画像はWikipediaより)

その牛の尿400サンプルあまりをGC-MSで解析した結果、いくつかのサンプルから「」が検出されたというのが今回のトピックスになります。しかもなんと尿1 Lあたり3-10 mgもの金が含まれていたのです!0.1 ppmです!これはびっくり仰天の含有量です。良質の金鉱山で3 ppm程度、海水にも金が含まれていることはよく知られていますが、0.004 ppbほどですので、牛の尿を集める手間に比べたらとてもじゃないけどうんざりするような手間がかかりますので、世界がひっくり返ります。牛の糞からバニリンが採れたとかいう次元ではありません。

そりゃあエサに金が含まれていれば当然のごとく検出されると思いますが、それにしてもあまりに高すぎる含有量ではないでしょうか。かなり高濃度に金が含まれた土壌か、植物がある土地だと思うので、まずはその土地を調べる必要がありそうですね。とんでもない金鉱脈が近くにあるかもしれません。しかも検出された金はイオン化した化合物でした。実際はどのようなイオンかわかりませんが、高濃度のシアンでも食べているのでしょうか。

そして怪しさの極めつけは検出方法がGC-MSだということです。Department of Biotechnology and Biochemistryのページを拝見するとGC-MSを所有していることが書かれていますが、機種はわかりません。通常重金属を分析する場合ICP-MSを使うと思うのですが、その場合はGC-MSとは書かないと思うのですが・・・

気になったのは、このプロジェクトが聖書の言い伝えを元にしており、牛の尿中に金や医薬になるものが含まれているというものだということです。実際尿中に5100の化合物を検出しており、その388化合物に計り知れない医薬品としての価値があるとしています。一方でラクダ、バッファロー、羊、山羊の尿には特筆すべき抗生元素(?)は無かったとのことです。基本的にこのプロジェクトでは金を発見するのが目的というよりは、抗生物質を探すのが主題のようです。Golakiya博士はGir cowの尿をヒトや植物病原菌に対して使うことを考えているとのことです。

まとめますと、なんだかこの記事は聖書の教えが正しいのだということを都合良く示した結果のような気がするのは私だけでしょうか。

いずれにしても、査読の付いた論文誌に結果をまとめて報告していただけることを待ちたいと思います。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. ケミカル・アリに死刑判決
  2. 私が思う化学史上最大の成果-2
  3. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  4. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  6. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  7. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  8. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  2. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  3. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
  4. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  7. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  8. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  9. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  10. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP