[スポンサーリンク]

archives

リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

[スポンサーリンク]

日時        : 2010年6月18日(金) 10:30~16:00
会場        : 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第2講習室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 47,250円
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円
  ※資料・昼食付
上記価格より:<2名で参加の場合1名につき7,350円割引><3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)

申し込みはこちらをクリック!
講師        :第1部 リビングラジカル重合法による高分子合成の基礎と応用
  ≪10:30~14:15>>
京都大学 化学研究所 教授 山子 茂 氏
第2部 リビングラジカル重合法による機能性高分子材料開発例(仮)
  ≪14:30~16:00>>
(株)カネカ 高機能性樹脂事業部 樹脂研究グループ グループリーダー 中川 佳樹 氏
講演内容  :第1部 リビングラジカル重合法による高分子合成の基礎と応用
<趣旨>
 リビングラジカル重合はラジカル重合の持つ官能基やモノマーに対する高い汎用性を保ったまま,生成するポリマーの分子量,分子量分布,さらにはモノマー配列や形態などの分子構造の精密制御を可能にする方法である。これらの特徴は,アニオン重合,カチオン重合,あるいは配位重合では共存できる官能基が限られていると共に,厳密な重合条件が必要であることと対照的である。これらの特徴から,この方法は新しい機能や従来品を凌駕する性能を持つ新材料を創りだす基盤技術として期待されている。しかし、その目的を達するためには、この方法の特徴をよく理解して正しく利用する必要がある。本講習では、新しい機能性高分子材料の創生の鍵技術であるリビングラジカル重合について、その基礎とともに若干の応用例について紹介する。
1.リビングラジカル重合の基礎
 1.1 炭素ラジカルの性質
 1.2 ラジカル重合とリビングラジカル重合
 1.3 一般的な機構
2.リビングラジカル重合の方法と機構
 2.1 ニトロキシルラジカルが介在する重合法
 2.2 金属触媒を用いる原子移動リビングラジカル重合法
 2.3 可逆的付加-脱離・連鎖移動リビングラジカル重合法
 2.4 高周期ヘテロ元素を用いるリビングラジカル重合法
 2.5 その他の方法
3.リビングラジカル重合による重合制御
 :高周期ヘテロ元素化合物を用いるリビングラジカル重合法を中心として
 3.1 開始剤・連鎖移動剤の設計
 3.2 モノマー・官能基に対する適応性
 3.3 末端変換重合体の合成
 3.4 ブロック共重合体の合成
 3.5 立体化学の同時制御
 3.6 応用例
  □質疑応答・名刺交換□
第2部 リビングラジカル重合法による機能性高分子材料開発例(仮)
申し込みはこちらをクリック!
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  2. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  3. (-)-MTPA-Cl
  4. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  5. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  6. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) T…
  7. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  8. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ミノキシジル /Minoxidil
  2. 有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン
  3. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  4. カイニン酸 kainic acid
  5. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  6. 人前ではとても呼べない名前の化合物
  7. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授
  8. がんをスナイプするフェロセン誘導体
  9. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  10. 化学探偵Mr.キュリー9

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP