[スポンサーリンク]


2013年 8月 30日

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

    高分子の合成において分子量を制御することは,高分子材料の分子設計において極めて重要です。一例として相田らは,テトラフェニルポルフィリンから調製したアルミニウム-ポルフィリン錯体が,さまざまなモノマーに対し,分子量分布の狭い高…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クメン法 Cumene Process
  2. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  3. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH
  4. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  5. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  6. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する
  7. 日本化学会、論文無料公開へ新方式

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP