[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独バイエル、世界全体で6100人を削減へ

[スポンサーリンク]

アスピリン

 ドイツの医薬品・化学大手のバイエルは2日、世界全体で6100人を削減する計画を発表した。昨年ライバルのシエーリングを買収したことを受け、2009年から年間7億ユーロ(9億2500万ドル)前後の削減を目指す計画の一環(引用:朝日新聞)。

 バイエルといえばアスピリン。現在では、ヘルスケア、農薬関連、先端素材の3分野を中核事業とし、グループ企業を含め世界150カ国以上、9万3000人を超える社員が働くグローバル企業です。2005年には研究開発に18億8,600万ユーロを投じています。

 シエーリング社の買収により2009年から年間7億ユーロの経費削減が見込まれ、その一環として人員削減が始まりました。内訳は欧州地域で3,150名、米国で1,000名、日本およびアジア太平洋地域で750名、そしてラテンアメリカ地域およびカナダでの1,200名を見込んでいます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益…
  2. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  3. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  4. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  5. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  6. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  7. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  8. 室温で液状のフラーレン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  3. 「オプジーボ」の特許とおカネ
  4. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  5. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  6. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  7. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  8. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  9. 日本化学会第85回春季年会
  10. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP