[スポンサーリンク]


2015年 9月

  1. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち

     「芳香族化合物、例えばベンゼンの"好きな位置"に自在に"直接"官能基を導入する」 これが可能となれば、有機化合物の主役であるベンゼンの誘導体をいとも簡単に合成することができます。そのため、現在多くの化学者がこの課題に取り組んでいます。…

  2. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

    第27回のインタビューは、第11回の金井求教授からの推薦により、京都大学大学院工学研究科・物質-細胞…

  3. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribbon

    新庄 輝也(京大)、竹原 善一朗(京大日本の褒章の一つ。学術、芸術、技術開発等の功労者を対象とし、ス…

  4. 浜地 格 Itaru Hamachi

    浜地格(Itaru Hamachi 1960年6月14日-)は、日本の有機化学者である。京都大学大学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インドの化学ってどうよ
  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  3. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  4. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  5. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  6. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetrakis(triphenylacetato)dirhodium(II)
  7. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム

注目情報

最新記事

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

PAGE TOP