[スポンサーリンク]


2016年 1月 20日

  1. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法

    光学異性体は異なる薬理作用をもつことが多く、それらを作り分ける不斉合成法の開発は医農薬分野において非常に重要な課題の一つであることは言うまでもありません。近年、キラル有機分子触媒を用いた不斉反応の研究が世界中で精力的に行…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  2. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する
  3. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  4. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  5. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  6. スナップ試薬 SnAP Reagent
  7. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP