[スポンサーリンク]

ケムステニュース

小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤

製薬業界で大人向け医薬品を子供用に開発し直す動きが相次いでいる。開発技術や特許を有効活用するのが狙いで、アステラス製薬が抗真菌剤の小児用の承認を取得したほか、英系グラクソ・スミスクラインなどが飲みやすい抗アレルギー薬を子供向けに開発した。厚生労働省の薬価(薬の公定価格)の引き上げも追い風になっている。

アステラスは2002年に発売した抗真菌剤「ファンガード」を子供向けに開発し直した。免疫低下で肺や食道にカビが生える病気を治療する医薬品で、厚労省も同社に開発を要請していた。(引用:日本経済新聞

 

ファンガード(ミカファンギンナトリウム micafungin sodium )は以上のような構造を有するキャンディン系抗真菌剤です。キャンディン系抗真菌剤は人にはない真菌細胞壁の主要構成成分である1.3-β-D-グルカンの生合成を特異的に阻害することで、他の抗菌剤に例のない高選択性を有しています。

2014-09-19_10-30-17

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  2. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  3. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  4. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  7. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  8. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリック反応の反応機構が覆される
  2. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  3. ドライアイスに御用心
  4. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  5. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  6. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  7. 化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦!
  8. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  9. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  10. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP