[スポンサーリンク]


2016年 8月 12日

  1. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

    ヒト胚を受精後13日まで培養できる方法が編み出された。この手法を用いて、ヒトの初期発生を知るための手がかりが得られそうだ。タイトルおよび画像はネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)の出版している日本語の科…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究のための取引用語
  2. マット・シェア Matthew D. Shair
  3. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  4. 尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜
  5. 上村大輔教授追悼記念講演会
  6. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  7. モッシャー法 Mosher Method

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP