[スポンサーリンク]


2016年 8月 22日

  1. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応

    近年、創薬研究において、リード化合物にトリフルオロメチル基を導入する試みが積極的に行われています。リード化合物にトリフルオロメチル基を導入する際には、あらかじめトリフルオロメチル化された出発原料を用いるのが一般的です。し…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  2. アミロイド線維を触媒に応用する
  3. 今さら聞けないカラムクロマト
  4. モッシャー法 Mosher Method
  5. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  6. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  7. ものごとを前に進める集中仕事術「ポモドーロ・テクニック」

注目情報

最新記事

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

PAGE TOP