[スポンサーリンク]

危険物取扱者

危険物に関する法令:点検・設備・保安距離

[スポンサーリンク]

これらの点検・設備の対象条件の内容はかなり複雑なので、しっかり覚える。

定期点検

下記の製造所等の施設では定期点検を実施しなければならない。期間は1年に1回以上、またこの記録は3年以上保存しなければならない。またタンクを有する施設はタンク内部の点検もあり、期間は10000kL未満のものは10年、それ以上のものは5年で、その記録もそれぞれ、20年、10年保存しなければならない。

製造所等の区分 対象条件
製造所 指定数量の倍数が10以上
地下タンクを有する施設
屋内貯蔵所 指定数量の倍数が150以上
屋外タンク貯蔵所 指定数量の倍数が200以上
地下タンク貯蔵所 全部
移動タンク貯蔵所
屋外貯蔵所 指定数量の倍数が100以上
給油取扱書 地下タンクを有する施設
移送取扱所 特定移送取扱書以外の施設
一般取扱所 地下タンクを有するもの
指定数量の倍数が10以上

予防規程

下記の製造所等の所有者、管理者、又は占有者は、製造所等の火災を予防するための予防規程を制定し、又は変更した場合は、市町村等の認可を受けることが義務づけられている。

製造所などの区分 対象条件
製造所 指定数量の倍数が10以上
屋内貯蔵所 指定数量の倍数が150以上
屋外タンク貯蔵所 指定数量の倍数が200以上
屋外貯蔵所 指定数量の倍数が100以上
給油取扱所 全部
移送取扱所
一般取扱所 指定数量の倍数が10以上

自衛消防組織

下記の条件に当てはまる第4類の危険物を扱う指定施設(移送取扱所を除く)の事業所は自衛消防組織の編成が義務付けられている。

事業所 人員数 化学消防車の台数
最大数量が12万倍未満の事業所 5人 1台
最大数量が12万倍以上24万倍未満である事業所 10人 2台
最大数量が24万倍以上48万倍未満である事業所 15人 3台
最大数量が48万倍以上である事業所 20人 4台

警報設備

指定数量が10以下の製造所等は、警報設備を設ける義務はない。

警報設備にはつぎのようなものがある。

避難設備

製造所等のうち、その規模、貯蔵し又は取り扱う危険物の品名及び最大数量より、火災が発生したとき避難が容易でないと認められるもので自治条例で定めるものは、自治条例で定めるところより、避難設備を設置しなければならない。

基準
  1. 給油取扱所のうち建築物の2階の部分を給油、灯油の詰め替え又は自動車等の点検、整備もしくは洗浄のために、給油所に出入りするものを対象とした店舗、飲食店または展示場に供するものにあっては当該建築物の2階から直接給油取扱所の敷地外へ通ずる出入り口並びにこれに通ずる道路、階段及び出入り口に誘導灯を設けること。
  2. 屋内給油取扱所のうち、給油取扱所の敷地外に直接通ずる避難口(随時あけることの出来る自動閉鎖の甲種防火戸が設けられているものに限る)が設けられ、かつ、壁等により区画された事務所等(当該事務所の出入り口には、随時あけることのできる自動閉鎖の甲種防火戸または乙種防火戸が設けられ、かつ、窓には、はめごろし戸である乙種防火戸が設けられているものに限る)の出入り口、避難口並びに当該避難口に通ずる通路、階段及び出入り口に誘導等を設けること。
  3. 誘導等には非常電源を設けること

消火設備

消火の困難性(政令第20条第1項)

製造所に対して、その施設の規模、危険物の品名及び最大数量等から、その施設の消火困難性に対して3区分し、それぞれの区分に応じて次のような消火設備を設けることとされている。

  1. 消火が著しく困難と認められるもの :第1種、第2種又は第三種のいずれか一つ+第4種+第5種
  2. 消火が困難と認められるもの :第4種、第5種
  3. 1・2以外のもの :第5種
消火設備

消火設備は第1~5種まであり、下記の様に分類される。

消火設備の区分 消火設備の種類
第1種 屋内消火栓設備または屋外消火設備など
第2種 スプリンクラー設備など
第3種 泡消火設備、粉末消火栓設備、二酸化炭素消火設備など
第4種 ハロゲン化物を消火する大型消火器、棒状の水を放射する大型消火器など
第5種 小型消火器、乾燥砂、水バケツまたは水槽、膨張ひる石または膨張真珠岩など

保安対象施設と保安距離

危険物を保管する施設の中には、施設に対して距離を置かなければならないものがあります。その距離を保安距離といい、保安距離を取らなければならない施設は以下のとおりです。

保安距離を必要とする危険物施設

製造所、屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、一般取扱所、

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 危険物に関する法令:指定数量の覚え方
  2. 乙種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  3. 危険物データベース:第4類(引火性液体)
  4. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)
  5. 甲種危険物取扱者・合格体験記~cosine編
  6. 試験概要:甲種危険物取扱者
  7. 危険物データベース:第1類(酸化性固体)
  8. 甲種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  2. 分子モーター / Molecular Motor
  3. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  4. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  5. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  6. アッペル反応 Appel Reaction
  7. 日本触媒で爆発事故
  8. 【書籍】すぐにできる! 双方向オンライン授業 【試験・評価編】
  9. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  10. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました

4月16日、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP