[スポンサーリンク]


2017年 1月 13日

  1. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

    Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位では、反応の途中にカルベンあるいはナイトレンといった原子価が不完全な中間体が生じ、続いて 転位と酷似しています。ただし、カルベンやナイトレンが関与する転位反応は、挿入反応…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出
  2. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  3. 酵母還元 Reduction with Yeast
  4. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表
  5. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  6. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  7. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP