[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  2. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  3. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  4. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  5. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  6. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  7. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  8. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金城 怜 Rei Kinjo
  2. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  3. 分子光化学の原理
  4. 飯島澄男 Sumio Iijima
  5. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  6. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  7. アミンの新合成法
  8. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  9. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  10. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP