[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  2. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selecti…
  3. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  4. コープ転位 Cope Rearrangement
  5. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  6. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  7. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protectin…
  8. パーコウ反応 Perkow Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 森謙治 Kenji Mori
  2. インフルエンザ対策最前線
  3. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  4. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  5. お”カネ”持ちな会社たち-1
  6. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  7. 化学と権力の不健全なカンケイ
  8. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  9. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  10. 「重曹でお掃除」の化学(その1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP