[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reacti…
  2. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  3. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  4. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reacito…
  5. スナップ試薬 SnAP Reagent
  6. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  7. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  8. マクマリーカップリング McMurry Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  2. イライアス・コーリー E. J. Corey
  3. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  4. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  5. 化学者の卵に就職活動到来
  6. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  7. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  8. 天然物化学談話会
  9. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~
  10. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP