[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  2. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentati…
  3. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  4. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  5. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  6. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  7. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  8. モッシャー法 Mosher Method

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 被引用回数の多い科学論文top100
  2. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  3. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  4. アスパルテーム /aspartame
  5. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  6. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  8. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  9. E. J. Corey からの手紙
  10. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP