[スポンサーリンク]

C

コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

 

概要

アニリンおよび1,3-ジケトンからキノリン誘導体を得る手法。

基本文献

  • Combes, A. Bull. Soc. Chim. France 188849, 89.
  • Bergstrom, F. W. Chem. Rev. 1944, 35, 77. doi:10.1021/cr60111a001

 

反応機構

combes_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  2. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  3. カチオン重合 Cationic Polymerization
  4. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  5. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  6. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  7. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  8. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  2. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  3. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  4. ルーシェ還元 Luche Reduction
  5. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  6. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  7. 石テレ賞、山下さんら3人
  8. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  9. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  10. オカモトが過去最高益を記録

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP