[スポンサーリンク]


2017年 3月 05日

  1. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

    日本化学会年会中、3月18日に市民も自由に参加できる市民公開講座が開催されます。タイトルは「驚きのかがく」。名前の通り特に「化学」にこだわることもなく、「かがく」に関わる話題の人4名をお招きして講演会を行います。創薬で大活躍…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!
  2. 金属スカベンジャーを試してみた
  3. 巻いている触媒を用いて環を巻く
  4. 化学研究ライフハック: Evernoteで論文PDFを一元管理!
  5. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  6. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで|第6回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP