[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ウォーレン有機化学

[スポンサーリンク]

内容

イギリス・ヨーロッパ・北米の学部生向けに書かれた有機化学の教科書です。明解さと理解の補助を目的として強調表示をしてあります。難解な事項の丁寧な解説につとめました。日常に関連する多くの例を載せ、学生たちにとって新鮮でかつ読みやすいスタイルでの記述を心がけてあります。

対象

有機化学・有機合成化学を学ぶ学部生~大学院生。

評価・解説

数ある有機化学の教科書ですが、レベルは高度です。

自学自習可能な教科書は多数ありますが、これほど詳しい本は他に無いと思えます。反応機構や、なぜそうなるのか?という理由も事細かに記してます。現代事情にも触れており、大学院生でも十分読みごたえがある内容になっています。

強調点は赤色でカラー刷り。

高度なトピックも豊富に載っており、有機化学を専門とするモチベーションある学生には、挑戦しがいのある教科書だと思います。

 

原著は第2版(2012)が最新版です。

 

関連書籍

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 大村 智 Satoshi Omura
  2. 基礎から学ぶ機器分析化学
  3. 液クロ虎の巻シリーズ
  4. Molecules That Changed the World…
  5. 化学探偵Mr.キュリー7
  6. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  7. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学
  8. 2016年1月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group
  2. ホウ素-ジカルボニル錯体
  3. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  4. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  5. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  6. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  8. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson
  9. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  10. 電場を利用する効率的なアンモニア合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

橘 熊野 Yuya Tachibana

橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

トンネル効果が支配する有機化学反応

ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

沼田 圭司 Keiji Numata

沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP