[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ウォーレン有機化学

内容

イギリス・ヨーロッパ・北米の学部生向けに書かれた有機化学の教科書です。明解さと理解の補助を目的として強調表示をしてあります。難解な事項の丁寧な解説につとめました。日常に関連する多くの例を載せ、学生たちにとって新鮮でかつ読みやすいスタイルでの記述を心がけてあります。

対象

有機化学・有機合成化学を学ぶ学部生~大学院生。

評価・解説

数ある有機化学の教科書ですが、レベルは高度です。

自学自習可能な教科書は多数ありますが、これほど詳しい本は他に無いと思えます。反応機構や、なぜそうなるのか?という理由も事細かに記してます。現代事情にも触れており、大学院生でも十分読みごたえがある内容になっています。

強調点は赤色でカラー刷り。

高度なトピックも豊富に載っており、有機化学を専門とするモチベーションある学生には、挑戦しがいのある教科書だと思います。

 

原著は第2版(2012)が最新版です。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  2. 基礎から学ぶ機器分析化学
  3. 有機スペクトル解析ワークブック
  4. 密度汎関数法の基礎
  5. Illustrated Guide to Home Chemis…
  6. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  7. 有機反応の仕組みと考え方
  8. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社の被災状況
  2. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  3. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  5. レッドブルから微量のコカインが検出される
  6. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!
  7. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  8. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  9. サイエンスアゴラ2014総括
  10. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP