[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ウォーレン有機化学

内容

イギリス・ヨーロッパ・北米の学部生向けに書かれた有機化学の教科書です。明解さと理解の補助を目的として強調表示をしてあります。難解な事項の丁寧な解説につとめました。日常に関連する多くの例を載せ、学生たちにとって新鮮でかつ読みやすいスタイルでの記述を心がけてあります。

対象

有機化学・有機合成化学を学ぶ学部生~大学院生。

評価・解説

数ある有機化学の教科書ですが、レベルは高度です。

自学自習可能な教科書は多数ありますが、これほど詳しい本は他に無いと思えます。反応機構や、なぜそうなるのか?という理由も事細かに記してます。現代事情にも触れており、大学院生でも十分読みごたえがある内容になっています。

強調点は赤色でカラー刷り。

高度なトピックも豊富に載っており、有機化学を専門とするモチベーションある学生には、挑戦しがいのある教科書だと思います。

 

原著は第2版(2012)が最新版です。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. The Art of Problem Solving in Or…
  2. 分子光化学の原理
  3. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  4. 有機スペクトル解析ワークブック
  5. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  6. Cyclopropanes in Organic Synthes…
  7. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  8. フタロシアニン-化学と機能-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  2. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  3. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  4. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  5. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  6. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  7. 水と塩とリチウム電池 ~リチウムイオン電池のはなし2にかえて~
  8. ゲオスミン(geosmin)
  9. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  10. 化学系学生のための就活2019

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP