[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ウォーレン有機化学

[スポンサーリンク]

内容

イギリス・ヨーロッパ・北米の学部生向けに書かれた有機化学の教科書です。明解さと理解の補助を目的として強調表示をしてあります。難解な事項の丁寧な解説につとめました。日常に関連する多くの例を載せ、学生たちにとって新鮮でかつ読みやすいスタイルでの記述を心がけてあります。

対象

有機化学・有機合成化学を学ぶ学部生~大学院生。

評価・解説

数ある有機化学の教科書ですが、レベルは高度です。

自学自習可能な教科書は多数ありますが、これほど詳しい本は他に無いと思えます。反応機構や、なぜそうなるのか?という理由も事細かに記してます。現代事情にも触れており、大学院生でも十分読みごたえがある内容になっています。

強調点は赤色でカラー刷り。

高度なトピックも豊富に載っており、有機化学を専門とするモチベーションある学生には、挑戦しがいのある教科書だと思います。

 

原著は第2版(2012)が最新版です。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  2. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ
  3. Essential細胞生物学
  4. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  5. ベーシック反応工学
  6. 有機反応機構の書き方
  7. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  8. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)
  3. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  4. 未来の科学コミュニティ
  5. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  6. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  7. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜
  9. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  10. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP