[スポンサーリンク]


2017年 9月 16日

  1. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

    2016年、ニューヨーク州立大学バッファロー校のQing Linらは、ファージ支援型反応性調査法(PAIR)を活用し、2-シアノベンゾチアゾール(CBT)反応剤に親和性のあるペプチド配列(CX10R7)を同定し、配列選択的システイン修飾法を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation
  2. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調べてみた
  3. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  4. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  5. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  6. エチレンを離して!
  7. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産

注目情報

最新記事

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.20 追記: 問3の構造式を訂正しました。薬剤師国家試験は、医…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

PAGE TOP